仮想通貨とは?メリットや将来性について

こんにちは、杞憂と申します。

最近ではメディアにも取り上げられるようになった仮想通貨ですが、まだまだ「怪しいもの」というイメージが根強く残っています。

そんな仮想通貨の特徴やメリットについて、今から解説いたします。

仮想通貨とは?

外国では「暗号通貨」と呼ばれている

正確にはCrypto Currencyと呼ばれています。

なんだかこちらの方がかっこいいですね(^^)

日本人の間で仮想通貨が普及しきらないのも、仮想という名前がマイナスイメージだからかもしれません。

特定の国家による価値の保証を持たない

法定通貨と違い、どの国も価値の保証をしてくれません。

そのため価格が一日で数十パーセントも動くことがあり、非常に不安定です。

実際、今年の初めには200万円だったビットコインも、2月には60万円まで暴落してしまい、大損をしたという人が多数出ました。

しかし仮想通貨はまだまだ発展途上のものと考えられており、今までも暴落の度に強くなって復活してきました。

参考までに、2017年1月のビットコイン価格は10万円前後です。

長期的な視点で見れば、上昇を続けているのですね。

今後も最高値を更新し続ける保証はありませんが、そう信じる人も少なくないことは確かです。

仮想通貨の種類は非常に多い

仮想通貨はビットコインを初めとし、実に1500種類以上も存在しています。

「そんなにあるの!?」と驚く人も多いと思います。

世間では仮想通貨=ビットコインのイメージが強いですからね。

ですが、今現在も毎日のように新しい通貨が生まれ、独自の発展を続けているのです。

↑例えばこのユニークな通貨はストロングハンズ(SNHD)といいます。日本人のファンも多いコインです。

↑この通貨はヴァージ(XVG)といいます。一年間で価格が1900倍にもなったコインです。

このように、新しい通貨はその価値が認められると、値段が何百倍にも膨れ上がる可能性があるのです。

メリットは?

世界共通の通貨である

仮想通貨は全世界から認知されており、ネット環境があればどこでもドルや円に換金することが可能です。

また、Microsoftやビックカメラなど、仮想通貨決済ができるサービスも世界中で普及してきています。

送金が早く、手数料が安い

仮想通貨は世界中にほぼ一瞬で送金できます

また、通貨によっては手数料ゼロなんてのもあります。(※DAG技術など)

これらがどんな試みを可能にするか、想像するのも楽しいですね。

仮想通貨の将来性

寄付のグローバル化

先ほど挙げた仮想通貨の送金技術を使えば、寄付が個人で簡単にできるようになります。

外国の貧困に苦しむ子供たちに、ワンクリックで直接支援できる日も近いかもしれません。

銀行がなくても資産が管理できる

銀行口座を持つことができない人たちは、常に現金を奪われるリスクがつきものです。

しかし仮想通貨が普及し、セキュリティが更に強固なものになれば、強盗のリスクを回避することが可能になります。

ビジネスを簡単に始められる

ICOという仮想通貨による資金調達システムがあります。

これによって、世界を良くするための様々なビジネスや試みが仮想通貨によって可能になりました。

例えばTRIGという仮想通貨は、銃による事故や犯罪の抑制を目的とした仮想通貨です。

まとめ

仮想通貨は確かにリスクがあるものです。

暴落やハッキングなど、悪い噂は日本でも深く根を残しています。

しかし一方では、仮想通貨には世界を良くするための無限の可能性があるという期待も多いです。

投資をするしないに関わらず、社会が変化していく過程を間近で見届けることは、非常に楽しいことだと私は思います。

 

次の記事では、仮想通貨の購入ができる取引所について説明いたします。

→次記事: 仮想通貨の始め方 「国内取引所の特徴」

お勧めの国内取引所4つ