bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴と登録方法を解説

国内大手であり世界的にも有名なbitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法を解説します。

登録は無料ですし、登録後すぐに使えるというわけではないので、買い時に備えて作っておいて損はありません。

bitFlyerとは?

基本情報

株式会社bitFlyerが運営する取引所です。設立は2014年1月9日

本社は東京都のミッドタウン・タワー8Fにあります。

代表取締役(CEO)は加納裕三(Yuzo Kano)様。フォロワーは5万人超えです。

取り扱い通貨一覧

6/17現在の取り扱い通貨は7種類です。国産コインであるモナコインや、日本でも人気の通貨であるLISKも揃えてますね。

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
リスク(LSK)

登録について

必要なもの

 
 ・メールアドレス

 ・本人確認資料(免許証など)

bitFlyerの登録方法

1.公式サイトに行き、メルアドを記入してアカウント作成をクリック。

注意
FacebookやYahooIDでの作成は避けることをお勧めします。自分はYahooで作成してうまくログインできなくなった経験があります^^;

2.このような画面になるので、届いたメールのキーワードを確認して次に進みましょう。届いた初期パスワードで普通にログインしても大丈夫です。

 

3.利用規約の確認などができたらチェックをいれます。

4.後は右下のアカウント情報の欄を埋めていきます。まずは二段階認証を設定しましょう。

5.二段階認証の設定の際には、認証アプリを使うのがお勧めです。 お使いのスマホにGoogle Authenticatorのアプリをインストールしましょう。(無料です)

 (iOS用Google Authenticator / Android用Google Authenticator

6.二段階認証が終わったら、次は「トレードクラス」へアップグレードします。

アップグレードの流れ
①住所など個人情報の記述

②本人確認資料(免許証など)の写真をアップ

③取引目的の確認

④転送不要書留郵便の受取→完了!

まとめ

bitFlyerは国外にも積極的に進出しており、世界的に有名な取引所です。

また、登録後の入金ですが、住信SBIネット銀行を開設しておけばいつでも無料で入金ができます。

bitFlyerでBTCを購入し、CoinExchangeなどの海外取引所に送ることで、えくすこ、奏コイン、CHEや、NANJ・VIPS等の国産コインを購入することも可能です。

国内取引所はbitFlyer以外にもいくつか種類があり、それぞれ特徴も違うためいくつか開設しておくことをお勧めします^^

bitFlyer以外のお勧め取引所は、Zaifbitbankです。登録は↓のリンクからどうぞ!

お勧めの国内取引所4つ