NEM猫プロジェクトとは?仮想通貨ネムで保護猫活動

こんにちは、杞憂(@lskraise)です。

今回は『NEM猫プロジェクト』ついてまとめました。ご一読いただければ幸いです。

公式サイト(https://nemneko.com/

Twitter(https://twitter.com/nemnekoproject

NEM猫プロジェクトとは?

基本情報

仮想通貨による、保護猫活動を推進するプロジェクトです。

寄付金をNEMで受け付け、保護猫活動を行う団体・地方自治体への直接的な寄付を実施します。

nem
NEM
NEMとは「New Economy Movement(新たな経済活動)」の略称であり、自由で便利な経済圏の確立を目的とする仮想通貨です。

 
仮想通貨は寄付が容易にできるという特徴がありますし、特にNEMは名前やシンボルマークが可愛らしいため、保護猫活動とは相性が良いように感じます。

そういった仮想通貨のメリットを最大限に生かした試みが、この『NEM猫プロジェクト』です。

代表者の方について

寄付活動において大事なのが、その団体が信頼できるかどうかでしょう。

気になるNEM猫プロジェクトの代表者は、ひなたさん@hina_nem)とかなぴっぴさん@4_0929)の御二人です。

お二人ともフォロワーが非常に多く有名な方ですし、ツイートを見てみても真剣に活動していらっしゃるのが見て取れると思います。

グッズ販売も行っているようで、その売上は全て保護猫支援活動への寄付に回しているようです。

寄付の透明性

通常の寄付であれば、寄付が何円集まったかという情報の真偽を保証する術はありません。

しかし仮想通貨の特性によって、誰でも寄付先のアドレスの入出金をチェックすることができます。NEM猫プロジェクトの寄付先のアドレスは『NDNENL-GGAXJB-OGJUGS-BTAS6G-N2ODYO-MDYTKY-KMJH』ですが、XEMBookというサイトでそのアドレスの入出金を確認可能です。

また、公式HPでは寄付金をどういった団体に対してどのように使ったかということをひと月ごとに詳細に報告してくださっています。

このようにNEM猫プロジェクトでは、自分の寄付したお金が確実に保護猫活動に役立っていることが認識できます。これは従来の街角募金などでは為し得ないことですが、仮想通貨によってこのような透明性のある寄付活動が可能になっています。

プロジェクトの意義

犬・猫の殺処分数とその方法

h29dogcat

< 環境省HPから引用 >

犬・猫の殺処分数は年毎に減少傾向を辿っています。

これもひとえに保護団体や譲渡活動を行っている方々の尽力によるものでしょう。

しかしそれでもなお、平成28年度では一年間だけで犬10,424匹・猫45,574匹が殺処分されています。

一日当たり150匹です。

その「殺処分」の内容ですが、炭酸ガスによる窒息死という方法が多くの保健所で行われているようです。→H27資料

殺処分の実際の様子は、Youtube等の動画サイトで確認することができます。

決して安楽死ではありません

前述した資料によれば、事前に麻酔薬を投与している自治体も存在しているようです。しかしその費用を快く支出できる地域がどれほどあるか⋯。現状、多くの自治体が炭酸ガスによる殺処分です。

人間の都合によって、多くの犬や猫が苦しみながら死んでいます

この事実は、現代の日本に生きる私たちの課題の一つでしょう

認知活動

NEM猫プロジェクトのTwitterにおいて、殺処分に関する認知活動も積極的に行われています。

 

その他、NEM猫プロジェクトの活動報告や、猫を守るための様々な取り組みの紹介など、様々な情報が広報されています。

 

こういった地道な活動によって多くの人が正しい知識を持てば、無責任な飼い主も減り、保護猫を推進する運動も活発になることでしょう。

まとめ

寄付をするには

NEM猫プロジェクトに寄付をするに当たって、まずはNEMを購入しましょう。

日本円でNEMを購入するならZaifがお勧めです。

プロジェクトの今後について

nemneko

< NEM猫プロジェクト公式HPから引用 >

NEM猫プロジェクトが始動したのは2018年1月15日

まだまだプロジェクトは始まったばかりです。

長期に向けた更なる活動のためにも、プロジェクトの知名度の上昇は欠かせません。

少しでも多くの人に知ってもらえるよう、仮想通貨に関わる我々全体が協力し合っていきたいですね。