NEWSOKUCOIN(ニュー速コイン/NSOK)とは?仮想通貨で新しい支援のカタチ

NEWSOKUCOIN(NSOK)とは?仮想通貨で新しい支援のカタチ

国産コインであるNEWSOKUCOIN(ニュー速コイン/NSOK)について解説いたします。

最近は国産コインが注目されており、NANJやVIPS、CHEやえくすこも大きな話題を集めました。

NEWSOKUCOINも既にStocks.exchange上場済みの国産通貨です。ぜひこの機会に参考にしてみてください。

NEWSOKUCOIN(NSOK)とは?

基本情報

new

プロジェクト開始:2018年4月

発行枚数:400億枚

仕様:ERC223トークン(ERC20にも準拠)

割当:上場時販売30%・開発費30%・マーケティング20%・運営費10%・チーム報酬10%

国産コイン発行数の比較
奏コイン:100億
NANJCOIN:300億
SKILLCOIN:300億
NEWSOKUCOIN: 400億
CryptoHarbor:500億
VIPSTAR:700億

用途

NEWSOKUCOINは「明るいニュースであふれる未来をつくる」をコンセプトに、寄付やクラウドファンディングといった旧来の方法と違う新しい支援のカタチを実現します。

誰もが自分の応援する人のスポンサーになれるプラットフォームをつくることで、支援したい人や団体を身近に感じ、支援も手軽にできるようになるということです。

新しい支援のカタチ
従来の寄付の方法では募金箱街頭募金などがありますが、問題点として寄付をした効果が見えにくいということが挙げられます。
その解決のために、仮想通貨を使った新しいプラットフォームを開発しようというプロジェクトなのですね。

NEWSOKUプラットフォーム

NEWSOKUプラットフォームでは、各自が得意な方法で自分の得意をアピールできます。

・タイムラインでプロジェクトを立ち上げ
・ライブ配信でアピール支援を募る
・ブログで自分の夢、目標を綴る

 
また、各機能に投げ銭、目標額を決めたプロジェクト機能を搭載。

双方向のコミュニケーションをとりながら、支援者や、同じ嗜好をもつ人とつながることができるプラットフォームになります。

newsoku1

(引用元:公式WP)

今後の活動

ロードマップ

2018年

5月 
公式ツイッター公開
公式 Discord 公開
ロードマップ(ver.1.0)公開
第1回エアドロップ受付開始
公式ロゴコンペ開始
第1回エアドロップ受付終了

6月
公式ロゴコンペ決定
公式ホームページ公開
取引所上場

7月~
NEWSOKUプラットフォームβ版リリース
NEWSOKUウォレットβ版リリース
実店舗でのNEWSOKUウォレット決済導入試験
取引所上場(2箇所目)

上場について

NEWSOKUCOINは現在、Stocks.exchangeへ上場しています。

Stocks.exchange
草コインを多く扱う取引所。SHIELD(XSH)CryptoHarbor(CHE)が買えるため、日本人の間でもそこそこ知名度あり。

 
二段階認証もしっかりと有る取引所ですが、同じ草コインの宝庫であるCoinExchangeよりも格下という印象を持っている方も少なくはありません。

今後、上場先が増えることで価格が更に上昇することに期待ですね。

Stocksより取引量の多いCoinExchangeへの上場や法人化の準備も進めているとのことなので、今後が楽しみです。

上場サプライズ(6/22)

NSOK上場記念として取引特典がプレゼントされるようです。

1億NSOK以上の取引 :保有量の2%をプレゼント
1000万NSOK以上の取引:保有量の1%をプレゼント
(※取引所以外のウォレットに7/1時点で保管していることが条件です。) 
 

sup2

上場サプライズⅡ(6/23)

運営保有分の中から合計160億枚をロックアップ。(開発費・マーケティング費・運営費の50%およびチーム報酬の100%)

 
NEWSOKUCOINの発行数は400億枚なので、40%分のロックアップになります。これにより潜在的な売り圧の低下を図ります。

sup3

購入について

国内の取引所でBTCを購入

bitbankやZaifなど国内の取引所でビットコインを調達しましょう。

国内だけでもいくつか種類がある取引所ですが、使いやすさでお勧めしたいのはbitbankです。

取引所にBTCを送る

購入可能な取引所にビットコインを送りましょう。

込み合っているときには長時間かかることもありますので、早めに送金しておくことをお勧めします。

購入

新規上場後に運よく安い価格で購入することが出来れば、NANJやVIPSのように数倍の利益になることもあり得ます。

ただし生まれたばかりのコインはハイリターンを期待できる反面、リスクも高いですので、投資はくれぐれも余剰資金で行うようにしましょう。

まとめ

国内の通貨には期待していますし、寄付などの支援と仮想通貨は相性が良いように思われます。

以前ご紹介したNEM猫プロジェクトも、仮想通貨を用いて透明性のある寄付を募るプロジェクトでした。

まだまだ決済手段としては未熟な仮想通貨ですが、寄付などの方面でぜひ普及してほしいですね。

ロックアップなどのニュースもあり、NSOKは現在1~2satで取引されています。今後、上場先が増えた時などに価格の上昇が期待できますね。

ただし上述もしましたが、NANJ等のように国産コインのプロジェクトが必ずしも上手くいくとは限りません。くれぐれも投資は自己責任で、かつ余剰資金で行いましょう。

まずはぜひ一度Discordへ足を運んでいただき、運営の意欲やビジョンを肌で感じてから、しっかりと判断することをお勧めいたします。