【怪しい?詐欺?】アマンプリ/AMANPURI仮想通貨取引所の実績・評判

【怪しい?詐欺?】アマンプリ/AMANPURI仮想通貨取引所の実績・評判




コインチェック

[PR]初めての投資ならコインチェック

皆さんは、2019年夏から流行しだした「AMANPURI Exchange」(アマンプリ取引所)を、聞いたことがあるかと思います。

アマンプリ取引所は、BinanceとBitMEXの2つを合わせた、究極の仮想通貨取引所を目指しているとのこと⋯。

さらに取引所トークン「AMAL」を10,000枚保有することで、毎日BTCでの配当が貰えるということで人気になりました。

しかし、高い配当やアフィリエイト報酬があれば、「怪しい」「詐欺」「スキャム」ではないか…と考えますよね。

そこで、今回はアマンプリのこれまでの経歴・実績・評判などから、本当に怪しくないのか?としっかり調べてみたいと思います。

アマンプリは怪しい・詐欺・スキャム?

AMANPURI Exchange(アマンプリ取引所)は、2019年秋にオープン予定。

しかし正規オープン前だけに、怪しいのではないか?と不安になるかもしれません。

そこでアマンプリのこれまでの実績を調べたので、ご紹介してみたいと思います。

月間仮想通貨に掲載

日本の仮想通貨界隈でそこそこ有名な雑誌、『月間仮想通貨』に掲載されています。

良い感じの見開きで写っていますね。

月刊仮想通貨は2018年2月から創刊されている雑誌なので、そこそこ歴史もあります。それに掲載されているだけに、良い実績になりそうです。

Future of Blockchainに出展

2019年7月20日に東京の秋葉原で行われた、「Future of Blockchain 〜​ブロックチェーンが魅せる未来〜 #2」に出展しています。

  • ​CoinBene 
  • DigitalJournal
  • cryptomall
  • SKYHASH
  • ​katana Project
  • Amanpuri

などの企業が出展しており、講演者も有名な企業の人ばかりのイベントです。こうした表舞台に出てきているところも評価できるポイントですね。

ブロックチェーンエコシステムパートナー交流会に参加

東京のシャングリラホテルにて7/10に開催された、「ブロックチェーンエコシステムパートナー交流会」にアマンプリが参加したとのことです。

この会はChainUP、Coinbus主催、NodeCapital、HiCoin, 金色財経、Coldlar(風神Wallet)、CoinPhd、BiKi、デジタルジャーナル、TEAMZ、BCC合同主催という豪華な会です。

World Blockchain Forumへ参加

正式名称を、「World Blockchain Forum – Singapore(WBF Singapore)& World Blockchain Award」という様です。

名前からも分かるように、世界的なブロックチェーンの会合ですね。マリーナベイ・サンズ・ホテルで開かれたようです。

Twitterの写真を見ると、しっかりブースも用意されていますね。左横に設置されているモニターに映っているのはAMANPURIのオフィシャルビデオの様ですね。youtubeで見れます↓

世界的に大規模なブロックチェーン会議を開いているWBF(World Blockchain Forum)。

以前に記事にもまとめているので、ぜひ規模が気になる方は以下の記事をご覧になってみて下さい。

WBF(World Blockchain Forum)とは?世界中で20以上のブロックチェーン会議を開催

WBF(World Blockchain Forum)とは?世界中で20以上のブロックチェーン会議を開催

2019年6月12日

Japan Blockchain Conferenceへ参加

2019年の初頭、1月に日本のYokohamaで開催された、「Japan Blockchain Conference (JBC)」にも参加しています。

このJBCは、アジア最大のブロックチェーンカンファレンスともいわれています。こんなに早い時期からしっかりと表舞台にて、カスタマーサポートをしていたわけですね。

ここまでしっかりとした実績があれば、なかなか怪しい・詐欺・スキャムだとかいう噂も立たなさそうです。

実際にアマンプリの評判をTwitterで調べてみても、詐欺だという声は見つかりませんでした

個人的な感想ですが、今のところ信頼できそうな優良プロジェクトではないかと思っています。

AMALトークンについて

アマンプリの発行するAMALトークンは、保有することにより、取引手数料が50%に減額されます。

そして更に注目すべき点は、『配当と売り出し価格』です。

配当と売り出し価格

10,000AMAL保有者に対して毎日BTCの配当が出るとのことです。

■月利配当シミュレーション

仮にBITMEXの取引高の4分の1であっても、100万円の投資で月に6.7万円の配当になると想定されています。

BITMEX並みにもしアマンプリが成長すればとんでもないことになりそうですね⋯。

また、AMALの発行総数は2.1億枚で、そのうち流通するのは1.26億枚とのこと。

現在、売り出されている価格は0.08ドルなので、時価総額も10億~程度。BNBやXEXなどと比べると、かなり安めの設定になっています!

さらに購入後にはロックアップがあり、毎月10%ずつ解除されるとのこと。そうして売り圧が集中する不安もありません。

購入の流れ

AMALの購入手順を解説します。※2019年11月15日に公式セール終了しました。

①まずはアマンプリ公式サイトの右上から登録画面に進みます。
AMALの購入手順1

②メールアドレス・パスワードを入力します。
AMALの購入手順2

③「Wallet」の「Balances」から、BTCかETHをDeposit(入金)します。
AMALの購入手順3

④「Sales Point」をクリックし、右端の入力欄から好きな数のAMALを購入しましょう。
AMALの購入手順4

実績まとめ

「アマンプリという案件は詐欺ではないか?」と心配する方に向けて、海外の仮想通貨取引所である、アマンプリ(AMANPURI)の実績について、まとめてみました。

世界的にも有名ないろいろな会合に参加しているので、かなり期待ももてそうですね。

配当がもらえる取引所トークン『AMAL』も8月現在売り出しセール中(0.08ドル)なので、投資をお考えの方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。※2019年11月15日に公式セール終了しました。

AMALのさらに詳しい情報などは以下の記事をご覧ください。

アマンプリ

【オープン間近】アマンプリ(AMANPURI)取引所の仮想通貨AMALトークン&登録方法

2019年11月16日



コインチェック

[PR]初めての投資ならコインチェック