クロスエクスチェンジ

クロスエクスチェンジのアプリが更新!トレードモード実装とホルダーの評判まとめ

クロスエクスチェンジのアプリが更新!トレードモード実装とホルダーの評判まとめ

今回クロスエクスチェンジのアプリが更新されたみたいですね。

トレードモードが実装されたので、かなり便利になりました。

アプリはやはり、外出先などスマホでトレードしやすいですね。

クロスエクスチェンジのアプリが更新され、トレードモード実装と、ホルダーの評判まとめについて紹介したいと思います。

クロスエクスチェンジのアプリが更新!トレードモード実装

クロスエクスチェンジのアプリが更新されたようですね。iOSとAndroid両方対応のようです。

トレードモードが実装され、リワードモードなどいろいろと変更が出来るようになったようです。

取引マイニングモードとリワードモード

取引マイニングモード」を選択すると、取引手数料として取引金額の0.1%を支払い、その報酬として、プランによって同額以上のXEXを受け取ります。

代わりに自動マイニングが休止しますが、XEX採掘は自動マイニングだけではなく、手動で取引することでもXEXをマイニング可能です。これを手動マイニングといい、これが取引マイニングモードのようですね。こうして採掘されたXEXを保有することで、ホルダーはCROSS exchangeの収益の最大80%を受け取ることができます。これは、今までと変更点はないとのことなので安心です。

「リワードモード」では、0.02%の手数料をフリーのXEXで支払い、0.03%の手数料還元が「取引をする通貨」で得られるとのこと。

つまりはXEXで0.02%の手数料を支払って、BTCやUSDT、ETH、XRPなどユーザーが取引する通貨が0.03%還元されるようです。

例として100万円のBTCをUSDTに交換した場合は、200円分のXEXを手数料として支払い、300円分のUSDTが戻ってきます。つまり、取引手数料で100円お得になる!ということだそうです。

なお、リワードモードでは、Taker注文はできない様子。Maker注文で行う必要がありそうです。Maker注文というのは、指値で注文すること⋯つまりすぐに取引できない(約定せず板に注文を置いておく)代わりに、手数料がお得になるわけですね。

ホルダーの評判を見る

アプリが更新されましたが、あとはマーケティングなどの施策に期待をしている人が多いようですね。

今後のお知らせにも引き続き注目です。

まとめ

今回の記事では、「クロスエクスチェンジのアプリが更新!トレードモード実装とホルダーの評判まとめ」をご紹介しました。

やはり取引所が使いやすくなるのは魅力ですね。

様々な変更点があったクロスエクスチェンジですが、XEX価格ははたしてどうなるのでしょうか。価格に様々な声が寄せられていますね。

ネットの情報でも、公式以外は確かな情報ではないものも多いものです。どの意見を参考にするのかしっかりと見極めるようにしたいものです。

XEXの価格にもつながってくれればいいですね。まただいぶ下がちゃってますので⋯。

※クロスエクスチェンジに限らず、仮想通貨投資には取引リスクもありますので投資を考えの方は慎重に調べたうえでおこなうことを推奨します。