クロスエクスチェンジ

Binanceが日本で取引制限?クロスエクスチェンジなど他取引所に追い風か

Binanceが日本で取引制限?クロスエクスチェンジなど他取引所に追い風か

本日はかなり驚きのニュースが、仮想通貨界隈に飛び込んできましたね。

なんと日本人にも大人気の取引所、Binance(バイナンス)が日本人に対して取引の制限を行う様です。

なんでも日本の法令を準拠するとのこと⋯。

これでバイナンスが使えなくなるのでは、とかなり衝撃が走りましたが、代わりに他の取引所を探す人も増えている様子。

人気取引所ベスト5を目指すクロスエクスチェンジにも追い風ではないのでしょうか。

↓CROSS exchange公式サイト↓

Binanceが日本で取引制限?クロスエクスチェンジが代わりになるか

バイナンスを日本人が使えないとなると、アルトコイントレードを行っていた多くの人々が使う取引所がなくなってしまいます。

日本の取引所は基本的にホワイトリストにのったものしか上場させないので、アルトコインの数はかなり少ないです。

そして、いわば有名となった後のコインばかりが上場するわけですので、それなりに値上がりした後のコインなわけです。

やはり人気に火が付いた時に値段が数倍にもなりやすいのは、有名になる前のコインだったりもします。そのため、有名になる前のコインを求めて海外取引所を使わざるをえないわけです。

そこでバイナンスが使えないと困るわけなのですが、そこで代わりとなるのがクロスエクスチェンジではないかと思います。

クロスエクスチェンジにも有名アルトコインはたくさん

CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)は、2018年11月にオープンした海外取引所です。

遠い国、アゼルバイジャン共和国ライセンス番号第1号登録の仮想通貨交換事業者であり、日本人の方も開発には関わっているような噂があります。

マイニングトークンであるXEXによって、取引手数料の100~130%が還元されたり、配当を受けられるのが特徴です。

リップルやイーサリアムはもちろん、モナコインやリスク、さらにはちょっとマイナーなコインまで様々なアルトコインがトレードできますよ。

クロスエクスチェンジについて更に知りたい方は、「CROSSプロジェクト徹底学習セミナー」に参加するのも手だと思います。

2020年2月2日(日)開催予定で、申し込みは1月中の様子です。

まとめ

今回の記事では、「Binanceが日本で取引制限?クロスエクスチェンジなど他取引所に追い風か」をご紹介しました。

CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)の仮想通貨、マイニングトークンであるXEXは2019年秋から冬にかけて価格は下がってしまいました。

しかしながらCROSS exchangeも依然として新規に人気の様で、新しく参入している人もいるようです。XEXの価格が下がっている分、入りやすいのかもしれません。2020年もクロスエクスチェンジの動きに期待が高まっています。

永久ロックXEXをゲットしたいという方や、クロスエクスチェンジについて詳しく知りたい方は、セミナーに参加するのも一つの手だと思いますよ。

クロスエクスチェンジの前に、仮想通貨を始めるにしてもしっかり国内取引所の登録も忘れないようにしましょう。

これより2020年はトルコでの取り組みだけでなく、XEXの価格を上げるためのキャンペーンや施策に今後も期待しています。年末から2020年の年始はなにか面白い取り組みがあるのでしょうか、楽しみです。

※クロスエクスチェンジに限らず、仮想通貨投資には取引リスクもありますので投資を考えの方は慎重に調べたうえでおこなうことを推奨します。

クロスエクスチェンジに登録して、配当が貰えるXEXが欲しいという方は、試しに少額だけでも仮想通貨を入金してマイニングをするのも一つの手だと思います。

【クロスエクスチェンジ・サポート各項目】
https://support.crossexchange.io/hc/ja/categories/360000989812?flash_digest=86af01e3f78031938adc9fd7e539daea0222e057

【クロスエクスチェンジ・各記事】

【クロスエクスチェンジ・Facebook】
https://www.facebook.com/CROSS-exchange-190720388515835/?modal=suggested_action¬if_id=1542519859069899¬if_t=page_user_activity

【クロスエクスチェンジ・Twitter 】