クロスエクスチェンジ

クロスエクスチェンジに金融庁が警告!日本語サポート終了するも、XEXの価格に変化なし

クロスエクスチェンジに金融庁が警告!日本語サポート終了するも、XEXの価格に変化なし

仮想通貨取引所のクロスエクスチェンジに対し、金融庁が警告したとのニュースが流れました。

実際に金融庁のツイッターを見ても、クロスエクスチェンジの会社らしき「CBASE FINTECH LAB LLC」に対して警告をしたとの旨のツイートがありましたね。

さて、これを受けてクロスエクスチェンジ側の対応ですが、さっそく日本語表記を中止になったようです。

この流れはバイナンスが同じように警告を受けた時と同じですね。バイナンスも以前に警告を受けて、日本語表記を無くしました。

ホルダーの不安としてクロスエクスチェンジが使えなくなるのではないか?ということが挙げられそうですが、実際にバイナンスは今も使用ができることを鑑みると、可能性としては薄いのではと考えています。

今回は金融庁の警告について詳しくまとめてみたいと思います。

クロスエクスチェンジに金融庁が警告

このたびクロスエクスチェンジに金融庁が警告をしたとのことで、界隈がざわつきましたね。

ニュースを聞いた時、XEXの価格がどうなったかかなり気になりました。

XEXの価格はさほど変わらず

XEXの価格が暴落したのではと不安になりましたが、多少は上下したものの最終的に先日から値動きはありませんでした。

ただ先週ぐらいから20%ほど下落してますので、これ以上なかなか下落しにくかったのかもしれません。

XEXにはロック期間もありますので、すぐに売りを出せるという人も少ないですから、暴落に繋がらなかったのかもしれませんね。

ともかくホルダーとしては一安心といったところでしょう。

2月のセミナーはどうなるか

クロスエクスチェンジのCROSSプロジェクト徹底学習セミナーが2月に東京にて行われる予定だったのですが、今回の件で怪しくなったのではと思っています。

ただそれに関して公式発表はまだのようですので、対応などを考えているのではないかと思います。

この先、中止もあり得るかもしれませんので、公式発表をしっかりと待っておきたいところですね。

とりあえずホルダーの方は、ここで焦っても仕方がありませんので、バイナンスの例と同じになることを願って必要以上に焦らないようにしたいものですね。

まとめ

今回の記事では、「クロスエクスチェンジに金融庁が警告!日本語サポート終了するも、XEXの価格に変化なし」をご紹介しました。

ツイッターなどでは色々な意見がありますが、どの意見を参考にするのかしっかりと見極めるようにしたいものです。

日本語サポートはなくなったものの、今年2020年はトルコでの取り組みだけでなく、XEXの価格を上げるためのキャンペーンや施策があるのかどうか個人的には続報を待っています。

ちなみにXEXを持っていると、配当は毎日15時ごろに入ってきます。配当もかなり少なくなりましたが、XEXの価格は今回の件でも下がらなかったことで、個人的にはそろそろ底になれば良いなと考えています。

※クロスエクスチェンジに限らず、仮想通貨投資には取引リスクもありますので投資を考えの方は慎重に調べたうえでおこなうことを推奨します。

【クロスエクスチェンジ・サポート各項目】
https://support.crossexchange.io/hc/ja/categories/360000989812?flash_digest=86af01e3f78031938adc9fd7e539daea0222e057

【クロスエクスチェンジ・各記事】

【クロスエクスチェンジ・Facebook】
https://www.facebook.com/CROSS-exchange-190720388515835/?modal=suggested_action¬if_id=1542519859069899¬if_t=page_user_activity

【クロスエクスチェンジ・Twitter 】