クロスエクスチェンジ

クロスエクスチェンジに仮想通貨LINK(Chainlink)が上場!

クロスエクスチェンジにLINK(Chainlink)が上場するようです。

このチェーンリンクは、今年かなり人気になったアルトコインですね。

Binanceでよく取引されていた印象です。

今回はクロスエクスチェンジに仮想通貨LINK(Chainlink)が上場!について解説します。

↓CROSS exchange公式サイト↓

クロスエクスチェンジに仮想通貨LINK(Chainlink)が上場

クロスエクスチェンジは仮想通貨取引所ですので、これまで様々なアルトコインを上場させてきました。

そして、このたび新規上場コインのお知らせがきましたね。

LINK(Chainlink)が上場

銘柄: Chainlink
ティッカーコード: LINK
上場場所: メインボード

日程: 
12/30   (月)13:00 (JST) 入出金開始
12/31   (火)13:00 (JST) 取引開始

取引ペア: LINK/BTC, LINK/USDT 

年末に上場通貨の追加ということで、嬉しいお知らせですね。

あと肝心なのは取引量⋯さいきんGRAMを持ってるのですが、ぜんぜん取引量がありません笑

誰か買ってほしいものなのですが⋯うーん。クロスエクスチェンジ運営も取引botなど導入しないのでしょうか。

Chainlinkとは

以下の大部分、クロスエクスチェンジの説明より引用です。

Chainlinkは、ケイマン諸島に本社を置く分散型のオラクルネットワークであり、2014年9月にセルゲイナザロフとスティーブエリスによって設立されました。 スマートコントラクト社(SmartContract)はChainLinkの親会社とのことです。

ChainLink(LINK)は、スマートコントラクトを任意またはすべての外部システムおよびAPIに接続します。これは、安全なブロックチェーンミドルウェアおよび分散型のOracleネットワークとして機能し、スマートコントラクトと外部データおよびその他の外部ソフトウェアシステムの重要なリソースとの接続を支援します。 ChainLinkノードは、スマートコントラクト契約の完了と、Ethereum、Bitcoin、Hyperledgerなどのブロックチェーンネットワークとのデータフィードのストリーミングを可能にするAPIを提供しているとのことです。

Market Cap:          $ 629,767,860 USD
24 Hour Volume:  $ 81,709,675 USD
Circulating Supply:   350,000,000 LINK
Total Supply:        1,000,000,000 LINK
(Current data as of 12/26/2019)

まとめ

今回の記事では「クロスエクスチェンジに仮想通貨LINK(Chainlink)が上場!」をご紹介しました。

上場通貨が増えるのは嬉しいですね。
仮想通貨XEXのマイニングトークンは2019年秋から冬にかけて価格は下がってしまいましたが、まだCROSS exchangeも新規に人気の様で、新しく参入してきている人もいるようです。やはりXEXの価格が下がっている分、入りやすいのかもしれませんね。

このクロスエクスチェンジ取引所はキャンペーンもいろいろと変わってるので、しっかりお知らせをチェックしましょう!このブログにおいてもクロスエクスチェンジの最新情報は更新していますので、ぜひお気に入り登録していってくださいね。

※クロスエクスチェンジに限らず、仮想通貨投資には取引リスクもありますので投資を考えの方は慎重に調べたうえでおこなうことを推奨します。

ただ始めるにしてもしっかり国内取引所の登録も忘れないようにしましょう。クロスエクスチェンジに登録して、配当が貰えるXEXが欲しいという方は、試しに仮想通貨を入金してマイニングをしてみてはいかがでしょうか。

これから今後、トルコでの取り組みだけでなく、XEXの価格を上げるためのキャンペーンや施策に今後も期待しています。年末から2020年の年始はなにか面白い取り組みがあるのでしょうか、楽しみです。