暗号資産の取引所CROSS exchangeにモナコインが上場!今後も国産コインが続けるか?

暗号資産の取引所CROSS exchangeにモナコインが上場!今後も国産コインが続けるか?

暗号資産(仮想通貨)の取引所である「CROSS exchange」に、モナコインが上場しました!

日本でも人気を徐々に集めているクロスエクスチェンジに日本発のMONAが上場したということは、他の国産コインも後に続くかもしれませんね。

CROSSは日本でのシェア獲得に力をいれているようなので、期待しています。今回はそんなCROSS exchangeの特徴について述べますね。

CROSS exchangeにモナコインが上場!取引開始は1/10

crossexchangeモナコイン
  • 1/9 (火)入出金開始
  • 1/10 (水)一般取引開始

上場するモナコインについて

モナコイン(MONA)とは、2013年12月に誕生した日本初の暗号資産(仮想通貨)になります。

5ちゃんねる(元2ちゃんねる)の有名なアスキーアート、「モナー」がモチーフなんですね。

モナーコインは誰かが管理・運営する中央集権型ではなく、各ユーザーのPCで実行されるプログラムによって維持される完全分散型の決済システムです。

暗号通貨は世界的に投機的な面が強い傾向にありますが、モナーコインはユーザーによる様々なサービスの開発や、神社の建立、語呂合わせの投げ銭等、他のコインではあまり見られない使われ方が定着するなど、コミュニティ主体で発展を続けている暗号通貨です。

モナコインの主な上場先

モナコインは日本でも多く取引されていて、bitbankやbitFlyerにも上場しています。

海外ではBittrexやCryptoBridgeが主な取引所でした。日本人にメジャーな取引所というわけでもないので、今回のCROSS上場は嬉しいですね。

MonaCoin公式サイト

CROSS exchangeは日本語対応の取引所!果たして国産コインは上場できるか?

CROSS exchangeは日本語に対応しているので、とても使いやすい取引所です。

現在、有名コインを続々と上場させている最中で、急速に発展を遂げているといったところですね。

cross上場

日本でのシェアを獲得しようと動いていますので、モナコインを筆頭にNANJ、VIPS、CHEなどの国産コインも上場してもらえるかもしれませんね。

なお、国産コインについて詳しくは『2018上場済み!今後生き残るかもしれない国産コイン6種類』で説明していますのでぜひご覧ください。

今後ともCROSS exchangeが日本人に使いやすい取引所になってくれることを期待しています。

まとめ

今回はモナコインが新規上場したCROSS exchangeについて書かせていただきました。

入金キャンペーンやマイニング福袋キャンペーンなども積極的に行っていて、取り組みが面白いプロジェクトです。

crossキャンペーン

ぜひ今後の進展と、国産通貨の上場に期待しています。

他の有名な取引所については、『【2019年】暗号資産が取引できる海外の取引所まとめ!』で開設していますのでぜひご覧ください。