クロスエクスチェンジ

クロスエクスチェンジの材料は?XCR上場・トルコ取引所はいつ?

クロスエクスチェンジの材料は?XCR上場・トルコ取引所はいつ?

仮想通貨取引所であるクロスエクスチェンジは、独自の取引所トークンXEXの知名度が高く、ホルダーも多くいます。

XEXを持っていると配当が受け取れるなどの利点がありますが、価格に期待している人も多い印象。

クロスエクスチェンジの材料はあるのでしょうか。XCRやトルコ取引所などがよく聞くワードです。

今回はそのようなクロスエクスチェンジの材料について考察してみます。

クロスエクスチェンジの材料は?XCR上場・トルコ取引所

CROSS exchangeは、今後の動きにも期待しているホルダーが多いです。

CROSSプロジェクトは色々と動いているようで、その動きがXEXの価格に反映されることを期待されています。

XCRの上場

XCRは以前IEOが行われた、CROSSプロジェクトのトークンです。

XCRのスーパーノードが話題となっていましたね。

XCRスーパーノードは全世界で最大100口が割り当てられており、XEXプライベートファンドから20%の収益分配の払い出しがあるのは、CROSS exchangeでのIEO参加でスーパーノード権利を獲得した以下の保有者のみとなります。

①CROSS exchangeでのスーパーノード販売分:10口
②XCRプライベートセール参加者:セール開始時に申し込み受け付け※想定10〜20口程度
③CROSS exhangeでの追加販売分:追加販売があった場合※想定10口程度

XCRスーパーノード保有者はXCRをCROSS exchangeでステーキングする事で、ステーキングに対しCROSS exchangeよりXEXプライベートファンドの収益分配の最大20%が(ステーキング金利として)受け取れる仕組みだそうです。

このXCRが、2020年に上場が予定されています。この価格にはかなり界隈でも注目を浴びるかと思いますし、XEXも意識されることでしょう。

トルコ取引所

新しいトルコの取引所は、機能を大幅にアップグレードした新しい取引マイニングのプラットフォームになるとのことです。

この新しい取引所はCROSSexchangeにおいてXEXを保有している方(XEXホルダー)にも利用できるよう、有益なサービスを行うようです。

新取引所の特徴としては、XEXを新取引所で「マイニング用トークン」として使用できる (XEXペアでマイニングが行える)ようです。

なので、このトルコ取引所を期待してXEXをホールドしている人も多そうです。

トルコでは20%が仮想通貨を保有しているらしいとの噂ですからね。

まとめ

クロスエクスチェンジの材料について、XCR上場・トルコ取引所などについて考察いたしました。今後も新しいリスティング通貨などにも期待ですね。

クロスエクスチェンジにXEXが欲しくて登録したユーザーも、やはり他の機能などにも注目するのも一つの手ですね。依然にしてCROSS exchangeを応援しているユーザーも多いです。

CROSS exchange取引所は毎月のようにキャンペーンもいろいろと変わってるので、しっかりお知らせをチェックしましょう!

2019年の夏ごろよりXEXの価格が下がっている分、マイニングしても以前より多くの量が掘れます。そろそろ自動マイニングも終了でしょうか…。あとはXEXの価格が上がれば嬉しいですね。

今後のクロスエクスチェンジの動きに、Twitterのユーザーからも期待が高まっています!今後はトルコでの取り組みだけでなく、XEXの価格を上げるためのキャンペーンや施策に期待しています。また、仮想通貨を新しく始める方は、しっかり国内取引所の登録も忘れないようにしましょう。

※クロスエクスチェンジに限らず、仮想通貨投資には取引リスクもありますので投資を考えの方は慎重に調べたうえでおこなうことを推奨します。