【CROSS exchange】アゼルバイジャン共和国とは?首都はバクー、仮想通貨との関係は

【CROSS exchange】アゼルバイジャン共和国とは?首都はバクー、仮想通貨との関係は

海外取引所であるCROSS exchangeは、アゼルバイジャン共和国の取引所&プロジェクトになります。

アゼルバイジャンといえばどんな国なのか?仮想通貨は盛んなのか?

今回はアゼルバイジャン(Azərbaycan Respublikası)についてまとめてみました。

↓こちらから登録&取引で招待キャンペーンの60XEX

アゼルバイジャン共和国とは

アゼルバイジャン共和国は、旧ソ連の構成国。

アジアとヨーロッパの境目あたりに位置します。

アゼルバイジャンの首都はバクー

アゼルバイジャン共和国

アゼルバイジャンの首都は「バクー」といいます。

城壁に囲まれており、「城壁都市」という二つ名も。城好きにはたまりませんね。

また、バクーとはペルシャ語で「風の街」を意味するのだそうです。カスピ海から風が吹いてくるそうで、かっこいい名前の由来ですね。

仮想通貨について

ビットコイン

アゼルバイジャン共和国で、特別に仮想通貨が流行っているわけではないようです。

ただ電気代が安いことや、仮想通貨に対して寛容な姿勢があったことからクロスエクスチェンジの本拠地をアゼルバイジャン共和国に決めたそうです。

参照:『【インタビュー】CROSS 柿沼・宇原氏 ーなぜアゼルバイジャンか?(2/3部)

アゼルバイジャン共和国もクロスエクスチェンジと協力

前項の参照記事でもあるように、どうやらアゼルバイジャン政府もクロスエクスチェンジに協力的な様子。

日本を離れ、アゼルバイジャンと協力関係にあるCross exchange。

日本からの規制が懸念の声もありますが、アゼルバイジャン共和国がバックに付いているとなれば日本の金融庁も強くは規制できないのではないか?とも考えられます。

どちらにせよ国と協力体制にあるプロジェクトであれば、非常に心強いですね。

↓こちらから登録&取引で招待キャンペーンの60XEX

おわりに

今回はクロスエクスチェンジの本拠地、アゼルバイジャンについてまとめました。クロスの知名度がさらに世界中で高まり、取引所として認められて信頼が増せば、トークンの価値にも繋がりそうですね。

CROSSは様々なお得なキャンペーンを積極的に行っていて、取り組みが面白い仮想通貨取引所です。

クロスエクスチェンジの特徴や登録方法については、『【必見】クロスエクスチェンジ今から始めてOK?攻略法・登録・マイニング・評判』の記事をご覧ください。

※登録してKYC & 取引すれば60XEXのキャンペーン↓

【CROSSexchang サポート各項目】
https://support.crossexchange.io/hc/ja/categories/360000989812?flash_digest=86af01e3f78031938adc9fd7e539daea0222e057

【CROSS medium 各記事】
https://medium.com/@CROSSlab

【CROSS exchangのFacebook】
https://www.facebook.com/CROSS-exchange-190720388515835/?modal=suggested_action¬if_id=1542519859069899¬if_t=page_user_activity

【CROSS exchange Twitter 】
https://twitter.com/exchange_cross

【CROSS Official LINE @】
https://line.me/R/ti/p/%40psi1088v

7/10オープン!クリプトハーバー
クリプトハーバー
 

話題のクロスエクスチェンジ
※登録&KYC&取引で60XEX貰える