IEO開始!仮想通貨取引所「Eirenex」と配当系トークン「ENC」とは

IEO開始!仮想通貨取引所「Eirenex」と配当系トークン「ENC」とは

アマンプリ

[PR]仮想通貨ホルダー必見!第2のCROSSか↑

マカオの仮想通貨取引所「Eirenex」が、この度正式にオープンすることになりました。

Eirenexは仮想通貨取引所の中に、今までにないサービスを提供していく予定とのことです。

今回はそのサービス内における、主に「取引所トークンENC」と「IEO」についてご紹介いたします。

※5月31日まで招待キャンペーン!
招待リンクから登録&取引で100ENC貰える様子
(1ENC≒0.044USDTなので、100ENC=500円分くらい?)

取引所トークンENCとは?

Eirenex社が発行する取引所トークン「ENC」は、以下の5つのような使い道があるようです。

  1. ENCを持っていると取引手数料を控除できる
  2. プロジェクトが通貨を上場させる際は、一定数のENCを保有する必要がある
  3. 一定の数のENCを保有しているユーザーは、手数料減免を受けることができる
  4. 一定の数のENCを保有しているユーザーは、毎回エアドロップを受けることが出来る(上場毎?)
  5. USDを取引する場合、必ずENCの一部を取引手数料にする必要がある

その他にも様々な発表が控えているとのこと。どんな情報になるか楽しみですね。

ENCの販売に関しては2019年4月23日IEOを行う予定で、中国メディアも大々的に取り上げるとのことです。

※5月31日まで招待キャンペーン!
招待リンクから登録&取引で100ENC貰える様子
(1ENC≒0.044USDTなので、100ENC=500円分くらい?)

OTCシステム/BTC FXシステム

Eirenexは現物取引だけではなく、「ユーザー同士が直接売買を行うOTCシステム」と「BTC FX」のシステムをリリースすることを発表しています。

リリース時期についてはまだ未定ですが、おそらく5-6月にリリースされるとの情報もあります。OTCシステムというのがどういうものか楽しみですね。

マイニングトークンサービス(Mining Token Service)

こちらのサービスはどこの取引所も扱っていないサービスで、Eirenex独自のサービスになります。

Eirenex社は他取引所やマイニング工場との提携があり、こちらのサービス専用トークンを保有することで、収益の分配をもらい続けることができるサービスです。

つまり、いま話題の配当系の進化バージョン⋯?

こちらのサービスのリリースは5月中を予定しており、近々取引所ページにて発表があるのでお見逃しなく、とのことです!

以上がEirenex社のサービスの特徴になりますが、まだ発表できない大きなニュースも控えているという情報も受けています。

まずは取引所にアカウント登録をして今後のニュースに期待です。登録には大して時間かからないので、トークン是非もらっておきましょう。

※5月31日まで招待キャンペーン!
招待リンクから登録&取引で100ENC貰える様子
(1ENC≒0.044USDTなので、100ENC=500円分くらい?)

4/24追記:仮想通貨取引所EIrenex初のIEOが2時間15分で完売

マカオに本社を置く仮想通貨取引所Eirenexが2019/4/23に初のIEOを実施しました。

IEO発表前から注目を集めていたEirenexは、2019/4/19にIEOを行うことを発表し、発表後には中国メディアなどで大々的に記事として取り上げられ、IEO販売当日は販売時間たった2時間15分にも関わらず即完売しました!

既にユーザーが多数いる大手取引所が行ったIEOが即完売になることはありましたが、新興取引所であるEirenex社のIEOが即完売となるのには快挙といえます。

そもそもIEOとはなんなのか、なぜIEOが注目されるのかについてもここで簡単に説明します。

IEOとは?

IEO(Initial Exchange Offering)

IEOとは、ICOに似た資金調達方法ですが、ICOにはプロジェクトの審査基準がないことや、詐欺プロジェクトの横行、資金の持ち逃げなどいくつかのリスクが存在していました。

それに対してIEOとは、プロジェクトの審査、販売などを全て取引所が仲介に入って行うという方法です。

取引所が仲介に入ることで、プロジェクトの審査と販売を取引所が仲介として入ることでICOの信頼性が高いのか低いのかを投資家が判断できるようになりました。

今回の場合、Eirenex社が自社トークンのENCをIEOしていることになります。

IEOが注目される理由

IEOが注目される理由としては、上記で述べたようにプロジェクトの信頼性はもちろんですが、いくつかの取引所が過去行ったIEOのプロジェクトは大成功を納めています。

成功例として大手取引所2社が行ったIEOを見てみましょう。

BinanceがIEOを行ったBTT

2019/1/28 IEOプロジェクトを発表

トークン:BTT
発行枚数:237.6億枚
販売期間:13分25秒で即完売
上場:2019/1/31
結果:上場後IEO価格の5倍以上で推移

HUOBIがIEOを行ったTOP

2019/3/26に実施
発行枚数:200億枚
1回目販売:3億枚 0.00117ドル/TOP
2回目販売:4.5億枚 0.00213ドル/TOP
3回目販売:7.5億枚 0.00255ドル/TOP

全て10分以内に完売

上場した後もIEO価格の5倍以上になり高い水準に留まっていました。

以上のように、2018年から弱気な市場が続いていた中、上記2社のIEOは大成功と言えるプロジェクトとなりました。

Eirenex社は、4月から6月にかけて段階的に分けて大きな発表を控えているとの情報も入ってきており、今回のIEOの完売は今後発表される情報への期待値の現れともとれます。

現在発表されている情報としては、OTCやBTC FXのシステムをリリースすることが既に決まっており、今後金融商品を扱う独自サービスも展開していく予定です。

まとめ

次世代の取引所として、初期から参加するのも有りな気がしてきますね。

Eirenexがバイナンスやクロスエクスチェンジのように、日本で人気になる日も来るかもしれません。話題の取引所トークンなので、今後の動きに要チェックですね。

Eirenex公式:https://www.eirenex.net/#/
※こちらは招待リンクではありません

Telegram:https://t.me/Eirenex_eng

※5月31日まで招待キャンペーン!
招待リンクから登録&取引で100ENC貰える様子
(1ENC≒0.044USDTなので、100ENC=500円分くらい?)

アマンプリ
↑仮想通貨ホルダー必見!第2のCROSSか↑
話題の取引所!アマンプリ
アマンプリ

アマンプリアマンプリの最新情報はこちら

アマンプリは10000AMALで配当アマンプリアマンプリの説明を見る