FCoinに関する張健氏Q&A第2部 ーFCoinのサービスと現状の最優先タスク【2019年4月29日版】

FCoinに関する張健氏Q&A第2部 ーFCoinのサービスと現状の最優先タスク【2019年4月29日版】

FCoinの創設者である張健(Zhang Jian)氏は、定期的にコミュニティへのQ&Aセッションを設けています。

このたび翻訳版を入手しましたので、2019年4月29日に行われたセッション分を公開いたします。

日本になじみの深いFCoinJPや、独自ブロックチェーンであるFractalに関する言及もあり、興味深いものとなっておりますので是非ご覧ください。

このQ&Aは内容も長いため、全部で4部構成となっています。今回の第2部では、『FCoinのサービスと現状の最優先タスク』について取り上げます。

FCoinに関する張健氏Q&A第1部 ーFractalの進捗【2019年4月29日版】

FCoinに関する張健氏Q&A第1部 ーFractalの進捗【2019年4月29日版】

2019年5月8日

FCoinに関する張健氏Q&A

FCoin

質問2 Fractalのブロック生成ノードの決定方法について

「ブロック生成のノードはどのように決定されるのですか?」「投票を行いますか?票集めは許可されますか?」

私たちのコンセンサスメカニズムはDPoSであり、DPoSが投票メカニズムです。

DPoS
DPoS=Delegated Proof of Stake
投票により取引の承認者を委任するシステムのことです。

 
私達は全体的な計画を発表する予定です。現時点では、ノードの選挙、またより具体的な時間や計画などを発表する予定があります。この質問の範囲はかなり大きいなので、今は答えられません。近いうちにリリースする予定です。

質問3 FCoinにおける先物取引のスケジュールについて

「先物取引についての明確なスケジュールはありますか?」

先物取引では、システムテスト段階に入りましたが、先物取引がハイリスクであるため、リスクマネジメントへのプレッシャーは比較的に大きいです。そのため、現時点までは明確なリリースタイムプランはありません。まだ時間がかかります。しかし、この時間がどれほど長いか、私はまだ明確に答えられません。

明確な予定があれば、すぐにお知らせいたします。

質問4 FTアプリケーションの普及シナリオについて

「FTのアプリケーションのシナリオを多面的に、マルチチャネルで増やす計画はありますか?」

みんながどうFTを理解しているかわかりませんが、このように質問を変更してみましょう。

例えば、AppleやMicrosoft、何千億ドル、あるいは何兆もの時価を持つ会社の株に対して、Apple株のアプリケーションのシナリオを複数のチャネルで、そしていろいろな方法で増やすかどうかと尋ねますか。

こんな質問されたら、AppleのCEOは:あなたは弊社の株を保有しているとういことはAppleを保有するということを代表しているのではないですか?発達した会社にはどのようなアプリケーションが必要ですか。この例で私の最初の考えを理解してもらえたいです。

第二、この質問に関して、私は実際に皆が何を意味するのかわかっています。 FTの価値を高めるために、FTをより多くのアプリケーションシナリオで使用できることは明らかです。

しかし、FTのアプリケーションシナリオを増やす必要があるということではなく、そのような方式によってFTの価値を高めることが一番大切です。つまり、最終の目的:FTの価値を高めることに注目します。

この様な問題にすれば答えやすいです。

水平方向と垂直方向の両方からFTの価値を高めます。たとえば、FCoin取引プラットフォームでは、その取引経験がどんどん良くなり、取引人数が増え、取引活動がますます盛んになり、そして世界で最も影響力のある取引プラットフォームになることを願っています。

つまり、エコシステムの核心部分をより発展させることです。それは、垂直方向の方法です。明らかに、これはパブリックチェーンを含むFTの価値を高めるでしょう。

我々は非常に良い実践を得ることを望んでいて、そしてより多くのトークンを発行し、そして将来トークン発行には欠かせないものとなるために、私達はFTのメインネットワークへの切り替える過程で良い経験を積み重ねられることを望んでいます。

この目的のために一生懸命働きます。これらの垂直方向の開発がFTの価値を高められるのは疑いありません。もちろん、パブリックチェーンの発展もFTのアプリケーションを推進しています。これは間違いありません。

質問5 リファマイニングの検討について

「リファマイニング計画を検討していますか?」

実際、リファマイニングは最初にも考えましたが、なぜこれまでに多くのマイニングが打ち上げられ、リファマイニングがまだ開かれていないのでしょうか。それは、十分に成熟したアイデアがまだ形成されていないからです。

もちろん、いろんな作業が集中的にされるかもしれません。確かに、具体的な計画はまだありません。しかし、我々はずっとそれについて考えています。これから、もっと成熟した比較に実行可能な計画を立てます。

リファマイニングはちょっとした利益を取る人に悪く利用される可能性が高いですので、どうやってマイニングの初心に戻ることができ、ユーザーのためにコミュニティの資源を守れるかはリファマイニングを計画するときに最初に考慮すべきの質問です。

質問6 FCoinにおける最優先タスクについて

FCoinにおける最優先タスクについて

「現在、FCoinの最も重要な仕事はなんですか?」

現在一番重要な仕事といえば、言うまでもなく皆さんも分かると思いますが、私たちFCoinのマイニングメカニズムを完全化にすることです。それにより、私たちの取引やコミュニティを活性化し、取引体験を向上し、コミュニティの拡大のため良い基礎を築くことです。これは間違いなく現在我々の最も重要な仕事です。

特に私たちのマイニング計画(少なくとも57年間持続可能なマイニング計画であり、3ヶ月ごとにマイニングによる産出量減少メカニズムもある)が提出された後、より慎重に、合理的にこれらの珍しいリソースを分配し、最大限にコミュニティシステムの目標を達成するように努力することが大切です。

先日「今のマイニングは産出量が多く、今後何か悪い影響をもたらしますか?」という質問がありました。そういう状況はないと思います。マイニング産出量について我々は非常に慎重に計算してきたのです。

第1段階で、一日300万FT(3ヶ月後に半減期、150万になります)の産出量と計算しても、FTの成長プロセスで、特に早期のマイニング成長プロセスで、これは非常に少ないと言えます。基本的には、将来毎日ロックアップされたマイニングを解除しても、FT全体の流動性に圧力や悪影響をもたらすこともないと思います。あるいは、ほとんど影響がありません。

皆さんも分かるように、年始よりFTの価格は上がりつつあります。それと同時に、毎日流通市場に入ったFTの数量も多かったですが、FTの発展に悪影響をもたらすことが見られません。ですから、FTのある程度の流動性も大切です。そして、未来の圧力にもならないでしょう。

もちろん、マイニング(されたFT)が一年後に解除(還元)することも我々の持続可能な解決策であり、今この解決案は進められています。

早期のマイニングには、確かに多くの投機者が存在しているため、大部分のFTがコミュニティに真に価値をもたらす、または長期的に楽観的なコミュニティユーザーに返還することができませんでした。

それで、持続可能なマイニングが立ち上げましたが効果が非常に良いです。私も嬉しく思います。これはまともにFCoinについて楽観的で、FToken未来のエコロジーについて楽観的である方々に有益なものをもたらせると思います。

これが現在FCoinの最も大切な仕事です。つまり、それぞれのマイニングメカニズムを完全にし、取引やコミュニティを活性化し、取引体験を向上させることです。

取引体験の向上により、私たちのコミュニティも成長し続けると信じています。取引体験が取引プラットフォームの本質であるからです。マイニングがプラットフォームを作る目標ではないです。

ビットコインがマイニングのため生まれたではないと同じ、ビットコインは世界中で自由に取引され、自由に支払いできるP2Pの電子現金システムになることは出発点です。マイニングもはエコシステムの一部だけです。FCoinやFTokenのエコシステムにとっても同じことと
言えますが、本末転倒にすることはできません。

したがって、皆さんはビットコインのメカニズムを理解できれば、FCoinがマイニングを実行する理由と比較してもいいかと思います。

質問7 今後1年間で最も望ましい目標

1年間で最も望ましい目標

「1年間で最も望ましい目標は何ですか?」

1年間で最も望ましい目標といえば、間違いなくコミュニティの拡大とFCoinエコシステムの拡大ですね。前述したように、我々FT価値の拡大は二つの部分に分けられます。

一つは垂直方向で、もう一つは水平方向です。垂直方向は基礎であり、拡大することはこの基礎に基づいくものです。私たちはすでに持っていること、特にFCoinのような非常に活発な第一線の取引プラットフォームを強くすることは最優先です。第一線についてですが間違いなくそうといえます。

現在は市場全体は弱気のため、ネットワーク全体のトレード活発度やデプスが非常に乏しいです。FCoinのようにメジャーアルトコインの大きな取引量を有するフラットフォームは確かに少ないですね。

次は我々のパブリックチェーンです。パブリックチェーンはまもなくオフィシャルにリリースされ、FTもメインネットを切り替わります。

メインネットの切り替えが完了した後、FTの関連機能をFractalパブリックチェーンに移行しながら、段階的に実装していくというような長期計画があります。

特に、FTの良い実践の基礎に基づき、我々はより多くのトークンを発行し、利用しやすい安全なインフラを提供し、トークンエコノミーの発展について楽観的で参加したい様々な場面を助けることができることを望んでいます。この部分を強くさせることも我々の仕事です。これらの二つの部分は私が年間に達成したい目標ですね。

第3部へ続く

第3部では、FCoinJPなどの展開についてのQ&Aをご紹介します。

FCoinに関する張健氏Q&A第3部 ーFCoinJPなどの展開について【2019年4月29日版】

FCoinに関する張健氏Q&A第3部 ーFCoinJPなどの展開について【2019年4月29日版】

2019年5月8日

Fcoin テレグラム:https://t.me/fcoinchatjapanese

FcoinJP テレグラム:https://t.me/fcoinjpchatjapanese

FCoin

FCoinJP

Fractal公式ページ

話題の配当系取引所

※登録&KYC&取引で60XEX貰える