クロスエクスチェンジ

クロスエクスチェンジのアルトコインに注目~仮想通貨リンク(LINK)編~

クロスエクスチェンジのアルトコインに注目~仮想通貨リンク(LINK)編~

海外の仮想通貨取引所であるクロスエクスチェンジは、XEXという独自の取引所トークンが有名です。

このXEXを持っていると配当が受け取れるなどの利点があり、それ目当てで登録したユーザーも多いのではないでしょうか。

しかし、クロスエクスチェンジはその他にも様々なアルトコインが上場しています。操作も使いやすいので、アルトコイントレードのために使用も可能です。

今回は上場済み通貨の中でも、仮想通貨リンク(LINK)に注目してみます。

仮想通貨リンク(LINK)というアルトコインについて

CROSS exchangeに上場している、人気の仮想通貨リンク(LINK)。

去年の年末に、クロスエクスチェンジに上場されました。どんな特徴があるのか見ていきたいと思います。

リンク(LINK)はクロスエクスチェンジに上場済み

LINK(Chainlink)が上場

銘柄: Chainlink
ティッカーコード: LINK
上場場所: メインボード
取引ペア: LINK/BTC, LINK/USDT 

こちらのリンク(LINK)ですが、2019年にTwitterなどでも名前を見かける頻度が多くなり、いまではそこそこ人気のアルトコインとなっています。
果たしてリンク(LINK)とはどんな仮想通貨なのでしょうか。

リンク(LINK)とは

リンク(LINK)(Chainlink)は、SmartContract社によって開発されている仮想通貨です。

リンク(LINK)は、スマートコントラクトを任意またはすべての外部システムおよびAPIに接続します。これは、安全なブロックチェーンミドルウェアおよび分散型のOracleネットワークとして機能し、スマートコントラクトと外部データおよびその他の外部ソフトウェアシステムの重要なリソースとの接続を支援します。

ChainLinkノードは、スマートコントラクト契約の完了と、Ethereum、Bitcoin、Hyperledgerなどのブロックチェーンネットワークとのデータフィードのストリーミングを可能にするAPIを提供しているとのことです。

発行総数は10億枚となっております。

現在価格は250~300円程度でしょうか。発行総数と比較すれば、かなり時価総額も高めですね。

最近になって人気になったこともあり、投資を考えている方もいるかもしれません。そんなときに取引手数料の還元されるクロスエクスチェンジで取引するのも一つの手ではないでしょうか。

↓リンク(LINK)上場済みCROSS exchange↓

まとめ

最近ではかなり知名度も高くなったリンク(LINK)など、人気のアルトコインを上場させてくれるのは嬉しいですね。

今後もバイナンスなどに上場している通貨など、リスティングさせていく感じでしょうか。

クロスエクスチェンジにXEXが欲しくて登録したユーザーにも、XEX以外のアルトコインにも注目するきっかけになれば幸いです。

2020年に入っても、まだまだCROSS exchangeを応援しているユーザーも多く、新しく参入してきている人もいるようです。

去年の2019年の夏ごろよりXEXの価格が下がっている分、マイニングしてもかなりの量が掘れます。そろそろ自動マイニングも終了でしょうか…。あとはXEXの価格が上がれば嬉しいですね。

CROSS exchange取引所は毎月のようにキャンペーンもいろいろと変わってるので、しっかりお知らせをチェックしましょう!

今後のクロスエクスチェンジの動きに、Twitterのユーザーからも期待が高まっています!今後はトルコでの取り組みだけでなく、XEXの価格を上げるためのキャンペーンや施策に期待しています。また、仮想通貨を新しく始める方は、しっかり国内取引所の登録も忘れないようにしましょう。

※クロスエクスチェンジに限らず、仮想通貨投資には取引リスクもありますので投資を考えの方は慎重に調べたうえでおこなうことを推奨します。