クロスエクスチェンジ

XEX/USDTの表示桁数が2桁増加!より細かい取引が可能に|クロスエクスチェンジ

XEX/USDTの表示桁数が2桁増加!より細かい取引が可能に|クロスエクスチェンジ

クロスエクスチェンジの2/19大型メンテにて、XEX/USDTの表示桁数が2桁増加されるようです!

いままでかなり値下がりしてしまったことで、1上がるだけで数パーセントの価格差ができていました。そこで今回のような改定になったのかもしれませんね。

今回はクロスエクスチェンジのXEX/USDTの表示桁数が2桁増加!より細かい取引が可能にについて詳しくご紹介したいと思います。

XEX/USDTの表示桁数が2桁増加とは?何が変わる?

XEX/USDTの表示桁数が2桁増加といわれても、よく分からないという意見もありそうです。

何が変わるのか、具体的にご紹介します。

XEX/USDTの表示桁数が2桁増加することで取引しやすくなる

これまでCROSSexchangeのXEXは、0.0030や、0.0031のような桁数で取引されていました。

そこで今回、0.003011、0.003012のように細かな桁が追加されたのですね。

それによって、いままで1上がれば3%ほど上がっていたのが解消され、最小単位で100上がれば3%上がるという風になります。

最小単位が3%なことで、これまでかなり板が重くなっていたのですが、板が軽くなり取引がしやすくなりますね。

XEXの取引板の流動性の増加に繋がりそうです。

2/19のアップデートは盛りだくさん

2020年2/19の大型アップデートは、新機能盛りだくさんですね。

  • ・自動マイニング停止
  • ・リワードモード
  • ・レバレッジ3倍
  • ・XEX全注文キャンセル
  • ・XEX新手数料(買い-3%、売り3%)

さらに今回XEXの小数点に関しても追加されます。

メンテ後はかなりXEXの板が活発になりそうな気がしますね。

まとめ

2/19のメンテナンスではたくさんの変更点があります。

リワードモード実装に加え、マージントレーディングの証拠金引き上げなど盛りだくさんですね。注文キャンセルもあるので気を付けましょう。

今回の記事では、クロスエクスチェンジの「XEX/USDTの表示桁数が2桁増加!より細かい取引が可能に」をご紹介しました。

メンテなど2020年も様々な動きのあるクロスエクスチェンジ。XEXの価格ははたしてどうなるのでしょうか。

色々な情報はありますが、公式以外は確かな情報出ないものも多いものです。どの意見を参考にするのかしっかりと見極めるようにしたいものです。

配当もかなり少なくなりましたが、価格はそろそろ底になれば良いですね。諸外国での取り組みも楽しみです。

※クロスエクスチェンジに限らず、仮想通貨投資には取引リスクもありますので投資を考えの方は慎重に調べたうえでおこなうことを推奨します。