Layer2

Polygon(MATIC)とは?高速かつ低コストのスマートコントラクトプラットフォーム

Polygon

仮想通貨のPolygon(MATIC)は、以前はMatic Networkとして知られていました。

Polygonは、スマートコントラクトを使用する分散型アプリケーション(DApps)の構築を可能にする高速で低コストのプラットフォームです。

今回は、そんなPolygonについて詳しくご紹介します。

仮想通貨Polygon(MATIC)とは

Polygon(MATIC)について基礎的なことから解説していきます。

PolygonによってEthereumブロックチェーンの高速化を実現

Polygonは、Ethereumブロックチェーンを拡張するために開発されました。

高速化により、Polygonは、秒間数千トランザクションを処理でき、これは従来のEthereumネットワークよりもはるかに速い処理能力を持っています。

また、この高速化により、トランザクションの手数料も大幅に削減されます。

Polygonの用途

Polygonは、さまざまな用途に使用されます。 DApps、オンラインゲーム、マーケットプレイス、およびDeFiプロジェクトなどのプラットフォーム開発に利用されています。

Polygonには、Ethereumと互換性のある独自のウォレットがあり、Polygon上で利用可能な多くのトークンがあります。

Polygonは、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決するために開発されたプロジェクトの1つであり、今後ますます注目されることが期待されます。

PolygonとDeFiの関係

Polygonは、ブロックチェーンテクノロジーの中でも、最も注目されている分野の1つであるDeFi(分散型金融)にも焦点を当てています。

DeFiは、伝統的な金融機関を必要とせず、ユーザーが相互に取引を行うことができる金融プロトコルです。

Polygonは、DeFiプロジェクトの開発者にとって、高速で低コストなプラットフォームを提供することにより、この分野の成長を促進しています。

PolygonによるNFTの普及

最近、Polygonは、世界最大のNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスであるOpenSeaとの提携を発表し、ユーザーがよりスムーズかつ低コストでNFTの取引を行えるようになりました。

また、Polygonは、他のプロジェクトとの提携を通じて、さらに多様なアプリケーション分野に進出しています。

Polygonのレイヤー1とレイヤー2

Polygonは、Ethereum上でスマートコントラクトを実行するための2つの主要なレイヤーで構成されています。

Polygonのレイヤー1は、Ethereumと互換性があり、スマートコントラクトを処理するEthereum Virtual Machine(EVM)を実装しています。

レイヤー2は、Polygonの独自のスケーリングソリューションであり、Plasmaフレームワークと呼ばれます。

Plasmaフレームワークは、Ethereumと比較して高速でスケーラブルなトランザクション処理を可能にするために、サイドチェーンを使用しています。

PolygonのトークンであるMATICについて

MATICの用途

PolygonのトークンであるMATICは、Polygonネットワーク上でのトランザクションの手数料の支払いに使用されます。

また、MATICトークンは、Polygon上で開発されたDAppsのトークンとしても使用されます。

MATICトークンは、Ethereum上でERC-20トークンとして発行され、Polygon上でもERC-20トークンとして使用することができます。

MATICの今後

MATICトークンは、市場において非常に人気があり、多くの取引所で取引が行われています。

MATICトークンの価格は、2021年に急激に上昇し、一時は1ドルを超えました。この価格上昇は、Polygonの成長とともに、その重要性が認識されたことを示しています。

しかし、MATICトークンの価格は、仮想通貨市場の一般的な変動に影響を受けています。したがって、仮想通貨投資家は、MATICトークンの価格が上がる可能性があると考えている場合でも、必ずしも保証された利益を得られるわけではありません。

Polygonについてのまとめ

最後に、Polygonは、その成長に応じて、エコシステムの拡大を続けています。

Polygonのコミュニティは、開発者やユーザーが参加するための多様なプログラムやイベントを開催しており、より多くの人々がPolygonのプラットフォームを理解し、活用することができるようになっています。

Polygonは、高速で低コストのスマートコントラクトプラットフォームとして、今後ますます重要性が高まることが期待されます。

Polygonの技術革新とともに、MATICトークンの価格上昇も見込まれていますが、投資家は仮想通貨市場のリスクを理解し、自己責任で投資を行う必要があります。