CoinEXの特徴と登録方法まとめ~取引所トークンCETで配当~

CoinEXの特徴と登録方法まとめ~取引所トークンCETで配当とairdrop~

今回は話題のCETが買えるCoinEXの特徴および登録方法をまとめてみました。

エアドロップ等のキャンペーンも多くある取引所ですので、登録がまだの方はぜひご覧ください。

CoinEX公式HP(https://www.coinex.com/account/signup?refer_code=8bht6)

CoinEXとは?

基本情報

cet

ビットコインキャッシュ(BCH)を基軸とした仮想通貨の取引所です。

そのためBCHホルダーの方が好んで使用しているほか、デザインやチャートも非常に見やすく、使いやすさに定評があります。

他にもエアドロ(airdrop)等の企画が盛んに行われており、独自の取引所トークンであるCoinEx Token (CET)だけでなく、ビットコインキャンディ(CDY)、Hydro (HYDRO)といった通貨の売買が盛んです。

 ビットコインキャッシュ(BCH)
2017年8月にビットコイン(BTC)からハードフォークして生まれたコイン。当時の価格は約2万円。
BTCよりも送金が早くて安いこともあり、将来的な基軸通貨として期待されている。

CETについて

名称:CoinEx Token (CET)

総発行数:100億枚 

還元率:80%

CoinEx Token (CET)
CoinExで2018年02月に発行されたトークン。
7月1日より手数料収入の80%を配当開始、更に三か月ごとに運営がCETを買い戻してBurnするとのこと。

エアドロップ(airdrop)について

CoinExではこれまでに様々な仮想通貨が貰えるキャンペーンを行ってきました。

2018年の2月にはBCH, BTC, LTC, ETH, ETC, XMR, ZEC, DASH, DOGE, EOS, USDT, BTM 等の保有量に応じてCETのエアドロップがあったとのこと。(一日で最大10万CETが貰えたとか。)

また、2018年5月にはリップル(XRP)の上場に合わせて、XRPの保有量に応じたCETがエアドロップされました。

更にその後もOMGの保有でCETが貰えたり、逆にそのCETの保有量に応じてTRXCARDなどの通貨がエアドロップされるということもありました。

それら多彩なairdropに加えてCETには毎日の配当もあるため、チャートが横横なだけで収益はプラスになっていくという素晴らしい仕組みです。1万CETでも毎日千円以上は増えている感覚です。

登録について

用意するもの

・メールアドレス

・免許証orパスポート(本人確認する場合)

登録方法

CoinEX公式HPにアクセスし、新規登録をクリック。(右上のLanguageで、言語選択可能です)

②Sign Up画面にて、必要事項を記入します。(招待コードが空欄の場合は「8bht6」を入れて下さると助かります)

coinex2

③登録が終わればメールが送られてくるので、そのメール内にあるリンクをクリックして完了です。

(任意)④Google Authenticatorによる二段階認証もありますので、行っておくことをお勧めします。

(任意)⑤KYC(本人確認)をしていないとCET保有による取引マイニングが受け取れないようです。パスポートもしくは運転免許証でも可能ですので、ぜひ実施しておきましょう。

まとめ

FTトークンやBIXやBNBなど取引所トークンが注目されています。

特にCoinEXは以前から取引所がしっかりと稼働しており、使いやすさや各種エアドロップ企画への評価も高い取引所です。

特にCETは6~7月にかけて十倍以上に高騰したことから大きな注目を集めました。今後の発展も期待されます。

今後もCoinEXはユーザーへの還元イベントを行っていくと予想されますので、ぜひ登録だけでも済ませておくことをお勧めいたします。