GMOコインの特徴と登録方法まとめ。手数料が無料の取引所を開設しよう

GMOコインの特徴や登録方法について解説いたします。

様々な手数料が完全無料という稀有な特徴があり、今後の発展も見込まれる取引所です。

GMOコインの基本情報

登録料金  無料

取引手数料 無料

入金・出金 無料

取り扱い通貨 BTC, ETH, XRP, LTC, BCH 

上記の通り、GMOコインの大きな特徴として、手数料がほとんど無料となっています!

なんとBTCやETHの出金も無料!!

特にBTCの出金は手数料も高いため、GMOコイン側が負担してくれるのは嬉しい限りです!

更にFX機能もついており、そこでも手数料無料追証なしなど優しい設定になっています。

今なら20000satoshiが貰える!

現在(2018/4/1)においてGMOコインでは、新規登録者全員に20000satoshiのプレゼントを実施しています。

ちなみに20000satoshi=0.0002BTCに当たります。登録無料なのにBTCまで貰えるとはお得ですね!

登録に必要なもの

メールアドレス

免許証など本人確認ができるもの

(スマホで免許証の写真を撮ってアップロードすればOKです!)

登録方法

GMOコインのホームページにアクセス。

②メールアドレスとパスワードを入力して、無料口座開設をクリックするとメールが届きます。届いたメールのリンクをクリックしましょう。

③届いたメールのリンクから、パスワード設定に進みます。忘れないように注意しましょう。

④続けてログイン画面に進み、電話番号の認証があります。それも終われば次のような画面になりますので、続けて口座を開設していきましょう。

⑤名前、生年月日、性別、住所などを登録していきます。

⑥米国納税義務などのところは、普通に日本に暮らしている分には「該当しない」で構いません。

⑦入力が終わったら、最後に本人確認資料をアップロードしましょう。免許証などをスマホで写真に撮って、アップロードすれば大丈夫です。

⑧数日後に届くハガキを受け取れば、すべての行程は終了です。お疲れさまでした!

まとめ

最近ではGMOコインも宣伝に力を入れているようですし、FXにも定評がありますので、これを機会に初めてみるのも良いかもしれません。

bitFlyerやbitbankなどそれぞれ特徴や手数料も違いますので、状況に応じて色々と使い分けましょう!

お勧めの国内取引所4つ