コインチェック

【2022年最新】コインチェックの登録方法を解説!初心者が陥りやすい3つの注意点とは

コインチェックの登録方法を解説

暗号資産(仮想通貨)を始めるにあたって、まず最初のステップとして取引所の開設が必要となります。

そこで取引所の選び方ですが、コインチェック(Coincheck)は初心者の方も含めて多くの日本人が使っている人気の取引所であり、サイトも見やすく使いやすいため、私もおすすめしている取引所の一つです。

そんなコインチェックの登録方法ですが、初めての方であれば上手くできるかどうか不安ですよね。

そんな方に向けて、今回はコインチェックの登録方法から、おすすめの暗号資産の買い方に加え、初心者が陥りやすい3つの注意点までしっかりと解説します。

この記事を読めば、初めての方が必ず通るであろうコインチェックの罠も回避することができますので、ぜひ暗号資産のスタートアップとして活用してみてくださいね。

人気No.1のコインチェック!ただし始める際にはちょっとした注意点があります…!

コインチェックについて簡単に解説

まずはコインチェックという取引所について、どんな特徴があるのかや、おすすめポイントメリットとデメリットなど簡単に解説しておきます!

コインチェックの特徴

コインチェック公式HPより

コインチェックの公式HPから読み取れる特徴としては、以下の五つのような点が挙げられます。

  • ダウンロード数No.1 (調査:2020年1月 – 12月)
  • 取り扱い通貨の数が国内最大級
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 500円からビットコインが貰える
  • 登録済みの暗号資産交換業者

やはりコインチェックは国内でも知名度がかなり高く、取り扱い通貨の数も多いために、使っているユーザーはかなり多い印象です。

コインチェックのおすすめポイント

コインチェック公式HPより

個人的に、コインチェックの一番のおすすめポイントを申し上げますと、やはり使いやすいUIデザインでしょう。

仮想通貨投資といえば難しそうなイメージがありますが、それを払拭して初心者にも使いやすいデザインにしているのは、コインチェックの最大の魅力であり、おすすめポイントであります。

更に私のおすすめポイントとしては、前述のものを含め、以下のようなものが挙げられます。

  • 初心者でも使いやすいUIデザイン
  • NFTマーケットプレイスも展開
  • マネックスという大手の後ろ盾がある
  • ハッキング経験はあるが、きちんと補償済み

仮想通貨の取引所といえば信頼が求められるものですが、2017年に一度痛い目を見ているということからも、私は安全面においてもコインチェックへかなりの信頼を置いています。

コインチェックのメリットとデメリット

これまでの内容を踏まえ、メリットとデメリットを分かりやすく表にしてみました。

メリットデメリット
  • 国内の人気や信頼性が高い
  • アプリも完備
  • BTCの取引手数料無料
  • 購入できる通貨の種類が多い
  • 使いやすいUIデザイン
  • アルトコイン売買の手数料が高め

メリットの面では人気や信頼性に加え、他にも特筆すべきはビットコイン(BTC)の取引手数料無料でしょう。どれだけビットコインを取引しても手数料がかからないのは、非常に嬉しいポイントですね。

デメリットとしては、アルトコイン売買の手数料が高めに設定されていることです。アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。ただしこの点に関しては、記事の後半で対策を詳しく説明しますので、ご安心ください。

コインチェックの登録方法

それではいよいよ、コインチェックに登録する方法を解説いたします。

ステップ毎に画像付きで解説していますので、初めてで自信のない方もぜひチャレンジしてみてくださいね。

なお、下記に該当する方の登録はできないので気を付けましょう。

  • 20歳未満
  • 75歳以上
  • 日本国外に居住
パソコンでの登録画面で説明します!スマホの方は少し画面が違うかもしれませんが、ご了承ください…!

1.コインチェック公式サイトへアクセスしよう

まずはコインチェック公式サイトへアクセスしましょう。

アクセスすると、「はじめての暗号資産はコインチェック」というようなキャッチフレーズのバナーが出てくると思います。(時期によっては変更があるかもしれませんが、)

2.会員登録のページへ移動しよう

コインチェックのサイト右上にある「会員登録」のボタンをクリックします。

※バナー内にある「会員登録」ボタンでも大丈夫です。

3.メールアドレスとパスワードを入力しよう

会員登録ページにて、メールアドレスとパスワードを入力します。メールアドレスは普段使っているスマホのアドレスでなくとも、YahooやGoogleなどのフリーメールのアドレスで大丈夫です。

あとはreCAPTCHAのチェックボタンを押した後、「会員登録」ボタンを押します。

4.メールを確認して本登録手続きへ進む

入力したメールアドレス宛にコインチェックからメールが届きますので、メールをチェックして、記載されているリンクをクリックして本登録手続きに進みます。

もし届かない場合は、数分したら届くと思いますので、しばらく待ってみてください。

どうしても届かない場合は、メールアドレスの入力間違いか、迷惑メールフォルダの方へ届いている可能性などが考えられますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

5.「重要事項の承諾」と「電話番号の認証(SMS認証)」をする

コインチェックの「重要事項の承諾」および、「電話番号の認証」が求められます。

重要事項については、できれば全て読んでおく方がいいものの、なにも読み飛ばしていたものがあったからといって、不要な料金を請求されたり…などの類ではないので安心してください。

電話番号については、スマホの電話番号で大丈夫です。SMS宛に認証がきますので、認証コードを入力して、サクッと終わらせておきましょう。

6.「お客様情報登録」の入力をする

氏名や住所を入力していきます。入力事項に沿って、正しく入力していきましょう。

個人情報を入力するのは抵抗がある方もいるかもしれませんが、間違った内容を入力すると、本人確認の際にまたやり直しとなってしまう可能性があるので、注意しましょう。

7.「本人確認書類」の提出をする

免許証やマイナンバーカードなど、本人確認ができる書類を提出しましょう。

あとはIDセルフィーという、自分が本人確認書類を持っている画像のアップロードが求められるので、スマホのカメラも必要です。

内向きのカメラでも大丈夫ですが、文字が反対となってしまう場合などは僕は外向きのカメラで頑張って撮っています。

可能であれば、PCのWebカメラなどで撮ってもいいかもしれませんね。

可能であれば、PCのWebカメラなどで撮ってもいいかもしれませんね。

8.ハガキを郵便で受け取る

住所確認のためのハガキが郵便で送られてきますので、それを受け取ると本人確認が終了となります。

ご家族などに見られたくない場合は、難しいかもしれませんがなるべく注意してくださいね。

ちなみにどこの仮想通貨取引所でも、本人確認の際にはハガキが送られてくることが多いです。何かそういう取り決めでもあるのかもしれませんね。

9.2段階認証を設定する

これは必須ではありませんが、セキュリティ対策として入金前に実施しておきましょう。

設定のメニューのところに、2段階認証という項目があるのでクリックします。

2段階認証をするためのアプリは様々ありますが、私はSmartKeyという2段階認証アプリを使っています。

他のスマホへデータをコピーして共有することができるので、スマホの故障の際などに備えることができておすすめです。

以上でコインチェックへの登録方法は終わりです。お疲れさまでした。

コインチェックでおすすめの暗号資産の買い方

登録も済み、入金も完了すればいよいよコインチェックで取引開始ですね。

しかし、何を買えばいいか分からないという方が多数だと思います。

結論から言いましょう。

コインチェックでは販売所は使わず、取引所を使うべきです。

コインチェックの販売所と取引所とは

コインチェックでは、暗号資産を買う際に大きく分けて2つの方法があります。

それが、販売所形式取引所形式です。

販売所形式

販売所形式というのは、コインチェックから直接仮想通貨を買うという形式です。

そのため、販売手数料(スプレッド)が上乗せされての金額になります。

他の取引所で購入するよりも3%ほど割高になってしまいますので気を付けましょう。

ちなみにこの情報は、他のコインチェック解説ブログなどでは伏せられていることが多いです。

取引所形式

取引所形式というのは、投資家と投資家同士が直接取引をする形式のことです。

こちらが仮想通貨(暗号資産)の一般的な取引方法です。

コインチェックは取引手数料は無料ですし、余計なスプレッドもかからないので、お得に取引が可能です。

コインチェックでは取引所形式で暗号資産を買おう

前述したように、販売所形式では手数料分が割高になってしまいます。

よって、コインチェックで取引をする際には、取引所形式にて暗号資産を買うというのがおすすめの方法です。

取引所形式ではいくら取引しようと、取引手数料はかかりませんので、気兼ねなく購入も売却もできますね。

取引所と販売所それぞれの使い方については、以下の動画をご覧になってみてください。

動画内で実際に操作し、コインチェックの正しい使い方を解説しています。

【初心者向け】コインチェックの正しい使い方を解説!手数料無料で仮想通貨を取引しよう

初心者が陥りやすい3つの注意点

コインチェックを使うにあたり、初心者が陥りやすい3つの注意点を解説します。

注意点① 販売所形式のみでしか買えない通貨が多い

コインチェックでは、大体のアルトコインが取引できるのは販売所形式だけです。これが非常に陥りやすい、コインチェックの罠になります。

だいたいの仮想通貨ビギナーが、この仕組みに気づかないまま、販売所で暗号資産を買ってしまいます。(僕も初めは販売所からアルトコインを買いました。)

前の章で説明したように、販売所形式では手数料(スプレッド)が上乗せされ、3%ほどの割高な金額で購入しなくてはなりません。

取引所形式で購入できる通貨は5種類のみ

2022年の現時点で、取引所形式で購入できる通貨は以下の5種類のみになります。

  • ビットコイン(BTC)
  • ファクトム(FCT)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • パレットトークン(PLT)

NFT売買などで必要となりやすいイーサリアム(ETH)も、販売所形式のみでの購入になります。これはなかなか辛いところですね。

対策として、取引所形式で購入できないアルトコインが欲しい際は、他の取引所を使うことですね。

例えば、僕が国内取引所の中で最もおすすめしているbitbankという取引所では、イーサリアムなどのアルトコインを含め、上場しているすべての通貨が取引所で購入できます。

bitbankについては、以下の記事で詳しくご覧になってみてください。界隈での人気も高く、歴史も長い信頼できる取引所です。

ちなみに、このコインチェックの情報は、初心者向けブログであれば書いてないことが多いです。

購入時と売却時の手数料を合わせれば、かなり大きな金額ですので、気を付けましょう。

注意点② コインチェックのアプリには取引所形式がない

コインチェックのスマホアプリには、現時点では取引所形式がなく、販売所形式のみの仕様となっています。これも非常に大きなコインチェックの罠になります。

やはりライトユーザーには、アプリを使用する人が多いもの。その層から手数料を取ろうというコインチェックの経営戦略が見て取れますね。

コインチェックで手数料を多くとられないためにも、スマホアプリは使わずにWEBブラウザ版から取引所形式で取引しましょう。

ちなみにスマホアプリで仮想通貨を取引したい場合は、前述したbitbankがおすすめです。スマホアプリでも非常に使いやすく、手数料をかけずに取引することができます。ただし快適だからといって運転中や勤務中にはやらないようにしましょうね。

注意点③ 偽コインチェックのフィッシング詐欺がある

国内でも最大手の取引所なだけあって、偽のコインチェックのサイトがあるようです。

特に、偽のコインチェックTwitterアカウントで、キャンペーンの当選などという嘘をついて、偽のURLが送られてくるそうです。

その偽のサイトにログインしてしまったら、ログイン情報を抜き取られて、コインチェックのウォレットにある資産を抜かれてしまうらしいので気を付けましょう。

この場合はハッキング被害と違い、自己責任の部類になりそうなので、さすがにコインチェックからの補償は厳しいと思われます。

更に詳しい内容については、動画でまとめてますので是非後学のためにもご覧になってみてください。

偽コインチェックに気を付けろ!仮想通貨の詐欺について知る【取引所フィッシング】

まとめ

今回はコインチェックの登録方法と、おすすめの購入方法や注意点について詳しく解説させていただきました。

他のブログ記事などには載っていない情報もあり、参考になった部分があるのではないでしょうか(自画自賛)。

本当に多数の初心者がコインチェックへ必要以上に手数料を払っている事実がありますので、ぜひ他に初心者の方がいれば、この記事を教えてあげてみてくださいね。

イーサリアムやリップルを購入するのであれば、前述したようにbitbankがおすすめの取引所です。指値取引をすれば、手数料がかかるどころか還元されますからね。

その他のおすすめの取引所の比較については、以下の記事をご覧になってみてくださいね。初心者が開設しておきたい仮想通貨取引所をランキングにしています。

なお、後半は批判めいた内容にはなりましたが、コインチェックも販売所の手数料を除けば、非常に優秀な取引所です。

ビットコインの取引手数料はメイカー(Maker)とテイカー(Taker)共に無料ですし、これはbitbankにもない大きな特徴です。

仮想通貨の取引所は何種類開設しても問題ありませんので、ぜひコインチェックもbitbankも両方開設してみるというのはどうでしょうか。

コインチェックのこと以外にも、仮想通貨の初心者~中級者に有益な情報をYoutubeチャンネルで配信していますので、ぜひそちらもチャンネル登録してみてくださいね。