CWS

仮想通貨CWSとは?バイナンスに上場する?特徴・将来性・価格・買える取引所を紹介!

仮想通貨CWSとは?バイナンスに上場する?特徴・将来性・価格・買える取引所を紹介!

仮想通貨CWS(Crowns)について解説します。

CWSは最近になってかなり注目されてきた仮想通貨です。

いま話題のDeFiに関連した銘柄であり、NFT・ゲームに関連した銘柄です。

時価総額も600位台とかなり低めで、それも注目されている理由です。

今回は、CWSの特徴・将来性・価格・買える取引所を解説するよ!

仮想通貨CWS(Crowns)の特徴と将来性

CWS(Crowns)は現在話題のDeFiに関連した銘柄です。

CWSはNFT・ゲームに使用するトークン

NFT・ゲームに使用するトークン

CWS(Crowns)は、DeFiゲームシステムのすべての参加者に報酬を与えるように設計されたトークンとのことです。

エコシステムが成長するにつれて、CWS(Crowns)を利用するさまざまな方法が、定期的にプレイヤーにリリースされていくようです。

時価総額が600位台と低め

CWS(Crowns)は現在、時価総額が600位台です。

なので他の時価総額上位のコインに追いつけば、かなりの伸びしろがあることになりますね。

価格は現在、1枚3500円程度とかなり高めではありますが、最大発行枚数が10,000,000枚で、現在の循環枚数が528,000CWS程度と少なめなようなのでこの価格なのでしょう。

Binanceから出資を受けている

Binanceから出資を受けている

CWS(Crowns)の発行元であるSEASCAPEは、あの有名取引所であるBinance(バイナンス)から出資を受けているようです。

SEASCAPEの公式サイトはこちら↓です。

https://www.seascape.network/

Binanceの後ろ盾があるのはかなり心強いですね!

もしかしたら今後バイナンスに上場するかもと少し期待はしています。

CWS(Crowns)が買える取引所はMXC

CWS(Crowns)が買える取引所は、現在MXCです。

UniSwapなどでも購入できますが、手数料(ガス代)があるため私はMXCで購入しています。

MXCの登録方法や特徴については、以下の記事をご覧ください。

仮想通貨取引所MXCとは?多彩なIEOや取引所トークンMX!【特徴・評判・登録方法を解説】
仮想通貨取引所MXCとは?多彩なIEOや取引所トークンMX!【特徴・登録方法を解説】仮想通貨取引所であるMXC(抹茶)について、登録方法や特徴など解説したいと思います。 最近ではDeFiブームとなりましたが、そんなDe...

入金については、bitbankなどの国内取引所からXRPなど送金手数料の安いものを送り、そこからUSDTなどに変えて購入するのがおすすめです。

まとめ

仮想通貨CWS(Crowns)について解説いたしました。

CWSは多少聞くことも増えてきましたが、まだまだ知る人ぞ知るといった銘柄です。

時価総額も600位台ですが、だからといって安易に信じることはやめましょう。

しっかりと調べたうえで、話題のDeFiゲーム・NFTに関連した銘柄に投資したい方は、MXCで購入してみるのも一つの手だと思います。