仮想通貨

NFTアートの購入方法を解説!イーサリアムの買い方からマーケットプレイス紹介まで

NFTアートの購入方法を解説

今年はNFTアートが一大ブームとなりましたね。

様々なNFTアートが生まれる中、購入方法を知りたいという人も増えてきたように思います。

そこでご紹介したいのは、NFTアートの購入方法として必要なイーサリアム(ETH)の買い方と、マーケットプレイスの紹介を行いたいと思います。

ぜひ皆さんの気に入ったNFTを手に入れてみてくださいね。

メディアでもかなりNFTが注目されてきましたね!一般層にもブームが来そうです!

NFTアートを購入するにはイーサリアムを準備しよう

NFTを買うにはイーサリアム(ETH)という仮想通貨が必要になります。まずはイーサの買い方から紹介します!

1.国内の仮想通貨取引所でイーサリアムを購入する

イーサリアム

まずはイーサリアムを購入するために国内の取引所に登録しましょう。

国内取引所にはいくつか種類がありますが、コインチェックbitbankなどが主流になります。

有名度であればコインチェックが一番ですが、イーサリアムの購入であれば手数料の少ないbitbankがおすすめです。

開設から取引開始までは本人確認に時間がかかるので、どうせなら両方開設して手数料を比べながら売買するのもおすすめです。

 2.メタマスクにイーサリアムを送る

イーサリアム

MetaMask(メタマスク)という最も有名なウォレットアプリがあります。

Metamask

メタマスクのサイトからウォレットアプリをDLしましょう。

なお、秘密鍵やニーモニックフレーズはしっかりと保管して、他人には絶対に教えないようにしましょう。

以上でNFTを購入するための準備は完了です!

NFTアートをOpenSeaやFoundationで購入しよう

NFTアートを買うためのマーケットで、有名なもの2つを紹介いたします。

どちらもメタマスクと連携するだけで、NFTの購入が可能になります。

OpenSea

OpenSeaは現在、最も有名なNFTマーケットプレイスとなっています。

メタマスクと連携し、NFTに関する様々な機能を使うことができます。

自身の保有しているNFTを見ることもできるので、ぜひ試しに使ってみるのがおすすめです。

Foundation

Foundationは最近かなり人気の出てきたオークション型のNFT販売プラットフォームです。

ポケモンカードなどで有名な絵師のさいとうなおきさんのNFTが、約600万で落札されたことはかなり話題になりましたね。

その影響か、最近では国内でかなりの絵師さんがFoundationに参入してきています。

Foundationで活躍している絵師さんの紹介

さいとうなおきさん

ポケモンカードで有名な絵師さん。イラストに関するYoutuberとしても有名ですね。NFTも高いものは600万円以上で落札されています。

虫麻呂さん

Shadowverseや神撃のバハムート等のキャラクターデザインで有名な絵描きさん。NFTも300万以上の価値で落札されています。

スコッティさん

かなり有名な絵描き様。既にFoundationで8作品以上のNFTを販売されています。

大槍葦人さん

白詰草話、Quartett!などのゲームのイラストで有名な方。最初の作品fairiesも1ETH以上で落札されています。

たんたんめんさん

非常にかわいい女の子のイラストを描くお方。既に5作品以上のNFTが落札されています。

まとめ

NFTアートが国内でもかなり流行ってきましたね。

ぜひお気に入りの絵師さんのイラストを購入したいという方は、仮想通貨取引所を開設してイーサリアムを準備しましょう!

NFTはブロックチェーンの技術による画期的な仕組みです。

メタバースという仮想空間にNFTを飾って楽しむという方法もありますので、自分だけの美術館を作ってそこに友達を招待するという楽しみ方もできますね。

ぜひ皆様が快適なNFTライフが送れることを祈っています!

おすすめ仮想通貨取引所TOP5

※クリックで詳細記事にジャンプします。

Coincheck

bitbank

Binance

FTX

MXC