IDO

IDO投資のプロジェクト判断方法を解説!ローンチパッド・VC・時価総額など

IDO投資のプロジェクト判断方法

仮想通貨における投資方法の一つ、IDO(Initial DEX Offering)ですが、新しく上場するプロジェクトのトークンを一足先に買うことができる投資法です。

そんなIDOですが、参加すれば必ず儲かるというわけではありません。

IDOで勝つには、しっかりとしたプロジェクトの精査が必要です。

今回はIDOプロジェクトの善し悪しの判断方法を解説します。

IDOは過去に一撃500倍も。夢のある投資スタイルですが、反面リスクも存在します。

IDOプロジェクト善し悪しの判断方法

まずはIDOプロジェクトを見つけましょう。

IDOローンチパッドで良いプロジェクトを見つける

僕はIDOローンチパッドをいくつかチェックしておいて、そこからプロジェクトを見つけています。

S Polkastarter DAOMaker RedKite GameFi BSCPad系

A TrustPad PAID Network Oxbull ImpossibleFinance Avalaunch Solanium Seedify Starpunk Metaverse

B DuckStarter Astronaut Gamestarter InfinityPad BSCStation SolRazr LaunchZone Poolz EnjinStarter SynapseNetwork

これは僕が作ったローンチパッドのランク表ですが、参考にしてみてください。なお、一部になりますので、表に載っていないローンチパッドもたくさんあります。

ローンチパッドから、良さそうなプロジェクトを見つけましょう。

Twitterのフォロワー確認

投資しようか迷うIDOプロジェクトを見つけたら、まずはTwitterのフォロワー確認をしましょう。

だいたい4万人くらいは欲しいものですね。2万人以下だとちょっと不安です。

10万人を超えているとかなりの知名度なので、そこそこ期待できます。

ただしフォロワーを買っていたり、エアドロでフォロワーを増やしているだけの可能性もありますので気を付けましょう。

ローンチパッドの確認

IDOは最近では、いくつかのローンチパッドを使って行うことが主流になってきています。

どのローンチパッドを使っているか確認しましょう。

良いローンチパッドを使っていると、そのぶん期待度が増します。DAOMakerやRedKiteが入っていればかなり良いですね。反対に微妙なローンチパッドであれば、ちょっと不安になります。

チームとVCの確認

公式HPへ行き、チームメンバーやパートナー・VC(ベンチャーキャピタル)を確認しましょう。

VCで良いものが入っていると、それだけでかなりの期待度です。

アニモカやCoinbaseがVCに入っていると、それだけでかなり当たりのプロジェクト感があります。

強いVCについては、以下のDiscordにVCリストがありますので活用してみてください。

その他SNSの確認

YoutubeやInstagramなど、他のSNSのフォロワーも確認しましょう。

Twitter以外にもフォロワーが多ければ、そのぶん注目されている合図ですし、プロジェクトのマーケティングが活発な証にもなります。

時価総額の確認

プロジェクトの時価総額は、発行枚数×価格で決まります。

プロジェクトのホワイトペーパーやライトペーパーに記載されていることが多いので、ぜひ見に行って確認しましょう。

どれだけ強いプロジェクトでも、価格設定が高いとセール割れしてしまうこともあります。

IDOやプレセールの参加に当たって、時価総額の確認はマストです。

TGEの確認

TGEとは、上場時配布の枚数のことです。

また、Vesting Schedule(配布のスケジュール)も確認しておきましょう。

1年程かけて配布するプロジェクトも多いですが、やはり長いことかけて配布すると、そのぶん価格もあとから下がることが多いので、なかなか原資回収できません。

やはり理想はTGEで原資回収できること。TGEの割合が多い方が、投資家にとってはグッドなケースが多いです。

IDOは総合的に判断しよう

IDOプロジェクトの善し悪しの判断方法ですが、これまで紹介したものを中心に、総合的に判断しましょう。

VCだけ見ても駄目ですし、SNSだけ見ても駄目ですし、価格だけ見ても駄目ですし、ローンチパッドだけでも駄目です。

やはり様々な観点から、判断するのが良いかと思いますね。

あとはその時の市況もチェックしましょう。バブル時は何を買っても儲かる的なノリがありますが、不況時はかなり厳しいものがあります。

好況だと判断すれば、IDOの参加にも強気でいくのも一つの戦略ですね。

↓\お小遣い稼ぎならLINE証券のキャンペーンで/↓LINE証券