仮想通貨OPIRIA(PDATA)がCoinealでIEO開始!個人情報取引のプラットフォーム

2019年5月11日よりIEOを開始するOPIRIA(PDATA)について解説します。

OPIRIAとは、消費者の個人情報を企業が収集して調査するために、個人情報の取引市場プラットフォームの構築を目指すプロジェクトです。

今回はそんなOPIRIA(PDATA)についての情報と、Coinealで行われるIEO情報をまとめてみたいと思います。

OPIRIA(PDATA)は個人情報データを取引するプロジェクト

情報化社会の現在において、個人データ取引は毎年拡大を続けている既存のビジネスです。いわゆる21世紀の油田とのこと。

OPIRIAのプラットフォームは2016年にリリース済み

OPIRIAの強い部分は、既にプラットフォームが機能していることです。

2016年12月にリリース、そしてフォーチュン500を含む多数の企業やユーザーにより日々使用されているとのこと。

企業リスト

既に億単位のビジネス。NASDAQでも特集

OPIRIAは既に億単位の多額な収益を上げているとのことで、プロジェクトとしてはかなりしっかりしています。

なんとNASDAQでも特集されたほど。

 

OPIRIA(PDATA)のIEOは5月11日からCoinealで行われる

pdata

OPIRIA(PDATA)のIEOは、5月11日から取引所Coinealで行われます。

IEOはセッション1とセッション2の二回に分けて行われます。

セッション1

時間:5月11日12時 – 5月12日12時(UTC)
セッション供給:1,875,000PDATA
価格:0.08 USD
ペア:ETH
紹介報酬:5%

セッション2

時間:5月19日12時00分 – 5月26日12時00分(UTC)
セッション供給:6,250,000PDATA
価格:0.08 USD
ペア:ETH
紹介報酬:5%

どちらも価格は同じですね。セッション1はかなり枚数が少ないので注意です。

ちなみにPDATAの総枚数(Total supply)は750,000,000枚。発行枚数からすれば、かなり今回の販売数は少なめですね。

まとめ

しっかりとした実績のあるプロジェクトで、売り出し枚数も少ないので面白いIEOになりそうです。

需要のある分野のプロジェクトだけに、今後の発展にも期待ですね。もし気になった方はぜひ公式ページなどをご覧になってみて下さい。

7/10オープン!クリプトハーバー
クリプトハーバー
 

話題のクロスエクスチェンジ
※登録&KYC&取引で60XEX貰える